モルガン・スタンレーが米国株の暴落を「警告」 新型コロナの影響で短期的に一段安の可能性

拡大
縮小
世界的な指数算出会社であるモルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)は5日、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、米国株は短期的にさらに11%下落する可能性があると発表した。ニューヨーク証券取引所で撮影(2020年 ロイター/ANDREW KELLY)

[ロンドン 5日 ロイター] - 世界的な指数算出会社であるモルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)は5日、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、米国株は短期的にさらに11%下落する可能性があると発表した。

MSCIのリスク管理ソリューション調査部門エクゼクティブディレクター、トーマス・ベルブラーケン氏は、経済成長率が短期的に2%ポイント低下し、リスクプレミアムが2%ポイント上昇すると仮定すると、短期的に一段安の余地があると指摘。「米国株は2月19日から3月3日までにすでに11%下落しているが、さらに11%下げる可能性がある」とした。

ベルブラーケン氏は世界経済が短期的に痛手を被るだけなら、市場が回復する可能性はあるが、パンデミック(世界的流行)となれば、長期的な成長軌道の打撃となり、企業収益も悪化しかねず、その影響は一段と長期に及ぶだろうと語った。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT