モルガン・スタンレーが米国株の暴落を「警告」

新型コロナの影響で短期的に一段安の可能性

世界的な指数算出会社であるモルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)は5日、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、米国株は短期的にさらに11%下落する可能性があると発表した。ニューヨーク証券取引所で撮影(2020年 ロイター/ANDREW KELLY)

[ロンドン 5日 ロイター] - 世界的な指数算出会社であるモルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)は5日、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、米国株は短期的にさらに11%下落する可能性があると発表した。

MSCIのリスク管理ソリューション調査部門エクゼクティブディレクター、トーマス・ベルブラーケン氏は、経済成長率が短期的に2%ポイント低下し、リスクプレミアムが2%ポイント上昇すると仮定すると、短期的に一段安の余地があると指摘。「米国株は2月19日から3月3日までにすでに11%下落しているが、さらに11%下げる可能性がある」とした。

ベルブラーケン氏は世界経済が短期的に痛手を被るだけなら、市場が回復する可能性はあるが、パンデミック(世界的流行)となれば、長期的な成長軌道の打撃となり、企業収益も悪化しかねず、その影響は一段と長期に及ぶだろうと語った。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT