定年前後のお金と手続きがわかる意外な相談先

ファイナンシャルプランナーには頼れない?

「一足先に定年退職した先輩」が頼りになる2つ目の理由は、先に体験したことから後輩には気づけない注意点を教えてくれるのです。

私は、退職した先輩から「辞めた翌年の住民税はがっぽり取られるから気をつけろ」というアドバイスを受けました。住民税は所得税と違って、前年度の所得に対して翌年課税されます。つまり、現役時代で比較的収入の多かった時を基準に税額が決まり、その金額が、収入のなくなった退職後に請求されるのですから、それを見たときのショックは大きくなります。あらかじめ、それを先輩に教えてもらっておいてよかったと、つくづく感じたものです。

3つ目の理由は「制度を運営する側の説明よりも、それを利用する側の説明のほうがわかりやすい」ということです。これは定年後の社会保険に限らず、何事においてもいえることでしょう。行政窓口での手続きの説明など、非常にわかりにくいと感じることはないでしょうか。これは説明する側が専門家で、ごく簡単なことだと思って説明するのですが、聞くほうは素人で初めてだからです。したがって、もともと素人だった先輩が苦労して体験して知ったことを説明してもらい、コツを教えてもらうのがいちばんいいのです。

定年後の「生き方」まで先輩に倣ってはいけない

『資産寿命 人生100年時代の「お金の長寿術」』(朝日新書)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

ただ、1つ気をつけなければならないのは、あまりにも昔に退職した先輩に聞いても参考にならない場合があるということです。なぜなら、会社の制度が変わっている可能性があるからです。できれば、この数年以内に退職した先輩に聞くのがいいでしょう。そのほうが現実的な答えが得られると思います。

「定年後が不安……」と感じる最大の原因は「自分が体験したことがない」ことにあります。それを解消するには、すでに体験した人、それも自分と同じような境遇で体験した人に話を聞き、「見える化」することです。ただし、聞くべきことは「具体的な制度や手続き」に関してのみに限定したほうがいいと思います。定年後の生き方やマインドについては人それぞれで、まったく考え方が異なります。

こればかりは正解がなく、「定年後」をどう捉えるか、さまざまでしょう。中には、ネガティブオーラを発散している人だっています。そういう人からは影響を受けないようにしたいものです。生き方や身の振り方はあくまでも自分自身で考え、自分のやりたいことを通すべきではないでしょうか。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT