トランプ氏「大統領選敗北なら米株は暴落」

そう遠くない時期に中間層向け減税策発表も

トランプ米大統領は25日、訪問先のインドで、11月の大統領選で自身が敗北すれば、米株価は暴落するだろうと述べた(2020年 ロイター/ADNAN ABIDI)

[25日 ロイター] - トランプ米大統領は25日、訪問先のインドで、11月の大統領選で自身が敗北すれば、米株価は暴落するだろうと述べた。

企業幹部らとの話の中で、再選できれば株価は上昇するが、「もし私が勝てなければ、かつて見たことがないような暴落が起きるだろう」と述べた。

また、そう遠くない時期に中間層向けの減税案を発表する計画だと語った。

さらに、新型コロナウイルスへの懸念を受け前日の米株が急落したことは良くなかったが、米国は問題の対処で良い状況にあるとの認識を示した。

中国の習近平国家主席は新型ウイルス対応に努力しているとし、「制御できると思うし、そう願っている」と述べた。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。