今後のさらなる「ドル高円安」はあるのか?

9カ月ぶりの高値をつけた「主因は何なのか

しかしそれらは表面的な口実で、実態は海外勢がマイナス金利の長期化しているユーロを調達源とし、金利のより高い通貨で金利差収入を狙うキャリートレードを加速させていることにある、と見る向きもある。

新型肺炎は収束が見通せず、世界経済の懸念材料ではあるものの、中国をはじめとする世界経済の減速は一時的との見方が現時点では優勢。米株の最高値更新が示すようにリスク資産投資への姿勢は崩れておらず、運用難の巨額資金は少しでも収入が得られる投資先を求めてうごめいている。

一定期間ポジションを保有して金利差収入を狙うキャリートレードは、市場の変動が大きくなりづらい場面で、特に効果を発揮する戦略。「リスク回避心理が強まりやすいことを考慮すると、リスクに敏感な円は調達通貨になりにくいが、ユーロは相関がさほどない」(外銀)ため、最近は調達源が円からユーロへ移行しているという。

 

 

(編集:佐々木美和)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。