月々定額「クルマのサブスク」は本当に得なのか

購入との比較で考えるメリット・デメリット

ホンダが2020年1月28日にスタートさせたばかりのサブスクが「Honda マンスリーオーナー」だ。

このサービスの特徴は、名称にもあるとおり、最短1カ月からの利用を可能にしていること。しかも、最長でも11カ月だ。これほど短期間だと、所有とは比較できない。

逆に“1カ月以上で11カ月まで”となれば、カーシェアやレンタルでもありえない。つまり、「Honda マンスリーオーナー」はほかに比較しようのないユニークなサービスだといえる。

さらにユニークなのは、新車ではなく中古車を使うところだ。

「Honda マンスリーオーナー」で最も安いのは2014年「N-BOX」だ(写真:ホンダ)

「Honda マンスリーオーナー」のサイトを見ると、実際に利用できる車両そのものが1台ずつ掲載されている。中古車だから、クルマの年式や走行距離だけでなく、装備類も決まったものとなる。

現物が中古車としてあるだけ、どんなクルマが使えるのかがリアルにわかる。ある意味、非常にわかりやすいサービスと言えるだろう。数カ月単位の出張など、短期間だけクルマが必要な人には、待ちに待ったサービスではなかろうか。

月額利用料金は、軽自動車の「N-BOX」で2万9800円~、普通車は「フィット ハイブリッド」の3万9800円~。福祉車両も用意される。

ただし、まだ始まったばかりで、サービスを行う店舗は埼玉県に1つあるだけ。車両の数もあまり多くなく、車種もコンパクトカーが中心で、選択肢は狭い。また、禁煙車しかないことも、喫煙者には気になるところだろう。

さらに月当たり1000㎞以上を走行すると、別途6円/kmが課金されるため、走行距離の多い人には向かないサービスとなる。こうした弱点もあるが、新しいサービスとして、今後の内容拡充に期待したいところだ。

クルマの使い方も多様化の時代へ

トヨタの「KINTO ONE」は、ワンストップですべてのクルマの雑務がこなせるのが大きな魅力。一方の「Honda マンスリーオーナー」は、短期間での使用に向いたサービスとなる。

クルマのサブスクの登場は、損得だけでなく、幅広いニーズに応えるサービスの拡大という側面もある。“ダイバーシティー=多様性”は社会だけでなく、クルマの購入・使い方にも広がっているというわけだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT