月々定額「クルマのサブスク」は本当に得なのか

購入との比較で考えるメリット・デメリット

「愛車サブスクリプションサービス」をうたうトヨタの「KINTO ONE」。「ヤリス」も選択肢に加わる予定だという(写真:トヨタ自動車)

「サブスクリプション」は、商品を“買い取り”で販売するのではなく、使った期間に応じて課金する販売方法である。コンピューター用ソフトウェアにはじまり、音楽配信サービスなどで導入され、ここ数年で一躍、脚光を浴びることになった。最近は、「サブスク」とも呼ばれるようになり、さまざまな商品やサービスに、この方式が導入されている。

その波は自動車業界にも及んでおり、トヨタの「KINTO ONE」やホンダの「HONDA マンスリーオーナー」など、サブスク方式のビジネスがスタートしている。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

はたして“クルマのサブスク“は、ユーザーにとってどんなメリット・デメリットがあるのだろうか。

新車を購入する費用と比較しながら、「KINTO ONE」と「HONDA マンスリーオーナー」の2つのサービスを考えてみたい。

月々の支払いは3年ローンとほぼ同じ

トヨタが2019年にスタートさせたサブスクが、「KINTO ONE」だ。トヨタやレクサスのクルマを3年間、定額で乗ることができる。

ラインナップは少しずつ増えており、現在ではトヨタ車とレクサス車を合わせて27車種。「プリウス」や「アクア」「クラウン」「カムリ」といった人気モデルだけでなく、「ライズ」や「ヤリス」といった新型モデルも含まれている。

「KINTO ONE」の最大の特徴は、任意保険まで定額サービスに含まれていること。これは保険料金が高額となる、若年層には、相当に大きなメリットと言えるだろう。

今回、比較の対象とした「ライズ Z 2WD」(写真:トヨタ自動車)

では、肝心のお得度はいかがなものか。「KINTO ONE」と通常の購入を比較してみよう。

まず、「KINTO ONE」だ。料金をシミュレーションしてみると、ライズの上級グレード「Z 2WD」にカーナビやドライブレコーダー、先進運転支援システムなどがセットされる「セーフティプラスパッケージ」を追加して、月額5万3680円となった。(2020年2月調査)

同車の新車価格が206万円、同様のオプションを加えると乗り出し総額で250万円ほどとなるから、50万円ほど頭金を入れて、3年(36回)で購入するときの月々のローン支払い額に近い。

次ページ3年間の差額は約100万円だが…
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT