インドネシアが新型肺炎「感染者ゼロ」の不可解

バリ島に武漢からも多くの中国人観光客

深センから来たという一家は中国に戻らず、バリ島に延泊している(写真:Nyimas Laula for The New York Times)

中国で新型コロナウイルスが発生し始めたことを知った上海出身のある一家は先月、シンガポールで休暇を過ごしていた。

その後一家は荷物をまとめ、1人の感染者も報告されていないインドネシアに飛んだ。多くの中国人観光客の主要目的地であるバリ島に着いたのは1月30日だが、今後出国する予定はない。母親、夫、そして息子の3人と旅行中だった36歳のエヴァ・チンは「バリ島の人々はとても親切で、私たちにとてもよくしてくれる。まだ検査は受けられていない」と語る。

5000人の中国人観光客が「残った」

医療の専門家は、インドネシア当局が中国からの直行便を止めるのが遅かったにもかかわらず、国内で新型コロナウイルスの症例がまだ1件も報告されていないことについて、疑問視している。インドネシアは年間約200万人の中国人観光客を受け入れており、そのほとんどがバリ島を訪れる。バリ島の中国総領事は先週、ウイルスの発生が始まった武漢からの200人を含む、約5000人の中国人観光客がバリ島に残ったと報告した。

インドネシアの近隣国であるフィリピン、シンガポール、マレーシアとオーストラリアはすべて、感染者の報告をしている。

「これまでのところ、インドネシアはコロナ感染者の報告のないアジアで唯一の主要国だ」と、インドネシアのモハマド・マフフッドMD防衛大臣は14日に記者団に伝えた。「コロナウイルスはインドネシアには存在しない」。武漢から避難し、現在インドネシアのナトゥナ島で検疫されている285人は、誰もウイルスの兆候を示していない、とつけ加えた。

ハーバード大学公衆衛生学部の研究者5名は先週の研究で、症例を1件しか報告していないインドネシアとカンボジアは、可能性のある症例のモニタリングを迅速に強化すべきだと結論づけた。統計分析に基づき、コロナウイルスはすでにインドネシアに到達した可能性がある、と見ている。

次ページインドネシアの病院に対応できるのか
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。