日産・ルノー、物流や購買など4機能を統合

2016年まで年間43億ユーロの相乗効果実現へ

3月17日、日産自動車と仏ルノーは、これまで検討してきた研究・開発、生産・物流、購買、人事の4機能の統合を4月1日から実施すると発表した。写真は日産・ルノー連合のゴーンCEO。1月撮影(2014年 ロイター/Ruben Sprich)

[東京 17日 ロイター] -日産自動車<7201.T>と仏ルノーは17日、これまで検討してきた研究・開発、生産・物流、購買、人事の4機能の統合を4月1日から実施すると発表した。

両社は連携により、2016年までに年間43億ユーロの相乗効果を実現する計画を進めており、1月には同4機能の統合を検討するプロジェクトを開始していた。

4機能の各プロジェクトリーダーがルノー・日産アライアンスの副社長に昇格し、4機能を引き続き統括していく。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。