日経平均は続落、新型肺炎に対する警戒感強い

「国内で初の死者」情報に海外投資家が反応か

 2月14日、東京株式市場で日経平均は、続落。写真は東京株式市場で昨年1月撮影(2020年 ロイター/KIM KYUNG-HOON)

[東京 14日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は、続落。引き続き新型コロナウイルスによる肺炎に対する警戒感が強い中、週末とあって商いも低調となり、朝方の売りが一巡した後は安値圏で一進一退となった。中国、香港の株式市場は上昇したものの、あまり材料視されず、全体的に模様眺めとなった。なお、2月限日経平均オプションの最終決済に関わる日経平均のSQ(特別清算指数)が算出されたが、市場筋によると、2万3744円71銭となった。

中国で新型コロナウイルスによる肺炎について、感染拡大ペース鈍化への期待が後退したことで、13日の米国株式市場は軟化。さらに、国内で新型肺炎による死者が初めて出たが「その心理的な影響は大きい。海外投資家が日本株を見送る要因になりうる」(岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏)とされ、投資マインドを悪化させる要因となった。

市場では「新型コロナウイルスによる肺炎について、週末に悪材料が出る可能性もある」(国内証券)との声や「上値が重い状態が続いており、好材料が見当たらない状態では買いが入りにくい」(SBI証券・投資調査部長の鈴木英之氏)といった指摘もあり、SQ算出の後は安値圏でのもみあいに終始した。

TOPIXは5続落。東証33業種ではゴム製品など値上がりは6業種にとどまり、鉄鋼、陸運業などの値下がりが目立つ。東証1部の売買代金は2兆4068億5500万円だった。

個別では、ソフトバンクグループ<9984.T>が東証1部で売買代金第1位となるなど商いを伴って上昇したほか、SUMCO<3436.T>が3日続伸。半面、指数寄与度が大きいファーストリテイリング<9983.T>が大幅安となったほか、ソニー<6758.T>など主力の輸出関連株がさえない。日産自動車<7201.T>が連日の昨年来安値更新となった。

東証1部の騰落数は、値上がりが674銘柄に対し、値下がりが1394銘柄、変わらずが92銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      23687.59 -140.14

寄り付き    23714.52

安値/高値   23603.48─23738.42

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1702.87 -10.21

寄り付き     1704.04

安値/高値    1698.36─1704.70

 

東証出来高(万株) 135175

東証売買代金(億円) 24068.55

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。