日経平均は続落、新型肺炎に対する警戒感強い

「国内で初の死者」情報に海外投資家が反応か

 2月14日、東京株式市場で日経平均は、続落。写真は東京株式市場で昨年1月撮影(2020年 ロイター/KIM KYUNG-HOON)

[東京 14日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は、続落。引き続き新型コロナウイルスによる肺炎に対する警戒感が強い中、週末とあって商いも低調となり、朝方の売りが一巡した後は安値圏で一進一退となった。中国、香港の株式市場は上昇したものの、あまり材料視されず、全体的に模様眺めとなった。なお、2月限日経平均オプションの最終決済に関わる日経平均のSQ(特別清算指数)が算出されたが、市場筋によると、2万3744円71銭となった。

中国で新型コロナウイルスによる肺炎について、感染拡大ペース鈍化への期待が後退したことで、13日の米国株式市場は軟化。さらに、国内で新型肺炎による死者が初めて出たが「その心理的な影響は大きい。海外投資家が日本株を見送る要因になりうる」(岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏)とされ、投資マインドを悪化させる要因となった。

市場では「新型コロナウイルスによる肺炎について、週末に悪材料が出る可能性もある」(国内証券)との声や「上値が重い状態が続いており、好材料が見当たらない状態では買いが入りにくい」(SBI証券・投資調査部長の鈴木英之氏)といった指摘もあり、SQ算出の後は安値圏でのもみあいに終始した。

TOPIXは5続落。東証33業種ではゴム製品など値上がりは6業種にとどまり、鉄鋼、陸運業などの値下がりが目立つ。東証1部の売買代金は2兆4068億5500万円だった。

個別では、ソフトバンクグループ<9984.T>が東証1部で売買代金第1位となるなど商いを伴って上昇したほか、SUMCO<3436.T>が3日続伸。半面、指数寄与度が大きいファーストリテイリング<9983.T>が大幅安となったほか、ソニー<6758.T>など主力の輸出関連株がさえない。日産自動車<7201.T>が連日の昨年来安値更新となった。

東証1部の騰落数は、値上がりが674銘柄に対し、値下がりが1394銘柄、変わらずが92銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      23687.59 -140.14

寄り付き    23714.52

安値/高値   23603.48─23738.42

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1702.87 -10.21

寄り付き     1704.04

安値/高値    1698.36─1704.70

 

東証出来高(万株) 135175

東証売買代金(億円) 24068.55

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。