ヤマ発社長「EVが広がることはリスクが大きい」

2輪の世界大手は変革期をどう乗り切るのか

――EVのバイクの普及は難しいと言いますが、台湾などではバッテリー交換式の電動2輪車が普及しています。

たしかに台湾では電動バイクが普及しているが、純粋なビジネスとしては成立していない。バッテリー交換式の場合、膨大な数のステーションの設置が必要となる。実際、台湾では政府が介入してステーションを設置している。

日髙祥博(ひだか よしひろ)/1963年生まれ。名古屋大学法学部を卒業後、1987年にヤマハ発動機入社。2010年にアメリカ子会社のバイスプレジデント、2017年財務本部長などを経て、2018年1月から社長(記者撮影)

そのうえ、車体価格も補助金で引き下げられている。普通に売れば40万円を超えるものに1台15万円近い補助金が出て、やっと普通のスクーターと同じか少し安いくらい。補助金ありきで運用されているのが実態といえる。

いずれは普及すると考えているからこそ、用意はしている。だが時間軸がまったく読めない。当社としては2050年までにはCO2の排出量を半分にしたいという目標はあるものの、EVが普及するためにはユーザー側にとってもメリットがないといけない。われわれはバッテリー交換式のEVバイクと急速充電式のものをどちらも開発を進めている。

――4輪の自動車ではテスラなど高級車種からEVが普及しています。バッテリー価格も高級帯なら価格に転嫁しやすいのではないでしょうか。

たしかに、EVでやったほうが面白いかもねという領域はある。だが、市場性がわからない。値段も高くなってしまう。それにバイクの場合には重量が重くなりすぎてもいけない。ただバッテリーをたくさん積んだだけではバイクらしさもなくなってしまう。

地方でMaaSの可能性を見いだす

――近年は、グリーンスローモビリティーと呼ばれる低速のEV車両を、自動運転や遠隔操作することで、地域の足として活用する取り組みに力を入れています。

いま、日本各地で町のバスが消えている。自治体が負担して存続を図っても、高齢化が進み運転手すら確保できない。そこで、ゴルフカートをベースにしたものを使用している。ゴルフ場内はすでに自動運転が実現していることもあり、不可能ではないと思った。

使っている技術は電磁誘導といって、誘導線を引くことで上を走らせる、工場やゴルフ場などではすでに使われているもの。都会部では低速で走ると邪魔になる。これでは社会実装どころか社会迷惑になってしまう。だが、足に困っている地方では車通りも多くはなくそうではない。

次ページ社会実装に向けた課題は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT