お金が貯まらない人ほど小さい財布がいい理由

キャッシュレス時代に大きい財布はいらない

お金が貯まらない人の共通点とは……(写真:遥花/PIXTA)
「長財布を持てば、お金が貯まる」──かつてこんな話が広まり、右も左も長財布を持っている時代がありました。しかし、PayPay(ペイペイ)やLINE Pay(ラインペイ)などキャッシュレス決済が浸透する今、「財布は小さいほどお金が貯まる」と言うのは、家計再生コンサルタントの横山光昭氏です。その理由を横山氏の新刊『キャッシュレス貧乏にならないお金の整理術』をもとにひもといていきます。

財布を小さくすれば無駄遣いが減る

お金が貯まらない人の財布には、ある共通点があります。それは、財布の中にクレジットカードやポイントカードがたくさん入っていることです。

こうしたカード類は、勧められるままに作っていると、どんどん増えていきます。会計時に、「今日のお買い物からポイントが貯まります」「貯まったポイントでお買い物ができます」と言われると、おトクな感じがしてポイントカードを作ってしまう気持ちはよくわかります。

クレジットカードについても、カード独自のポイントやマイルが貯まるからと言われて、つい何種類も持ってしまう。気持ちはわかりますが、本当にその恩恵を受けるような使い方ができているでしょうか?

実際はそれほどの頻度で使ってはいないはずです。むしろ、持っているすべてのカードから恩恵を受けられるほど使っているとしたら、それはカードの使いすぎです。複数のクレジットカードを並行して使うのは、「支出」を見えにくくし、よくわからないままお金が消えていく原因にもなります。

次ページではどうしたらいいのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT