お金が貯まらない人ほど小さい財布がいい理由

キャッシュレス時代に大きい財布はいらない

お金が貯まらない人の共通点とは……(写真:遥花/PIXTA)
「長財布を持てば、お金が貯まる」──かつてこんな話が広まり、右も左も長財布を持っている時代がありました。しかし、PayPay(ペイペイ)やLINE Pay(ラインペイ)などキャッシュレス決済が浸透する今、「財布は小さいほどお金が貯まる」と言うのは、家計再生コンサルタントの横山光昭氏です。その理由を横山氏の新刊『キャッシュレス貧乏にならないお金の整理術』をもとにひもといていきます。

財布を小さくすれば無駄遣いが減る

お金が貯まらない人の財布には、ある共通点があります。それは、財布の中にクレジットカードやポイントカードがたくさん入っていることです。

こうしたカード類は、勧められるままに作っていると、どんどん増えていきます。会計時に、「今日のお買い物からポイントが貯まります」「貯まったポイントでお買い物ができます」と言われると、おトクな感じがしてポイントカードを作ってしまう気持ちはよくわかります。

クレジットカードについても、カード独自のポイントやマイルが貯まるからと言われて、つい何種類も持ってしまう。気持ちはわかりますが、本当にその恩恵を受けるような使い方ができているでしょうか?

実際はそれほどの頻度で使ってはいないはずです。むしろ、持っているすべてのカードから恩恵を受けられるほど使っているとしたら、それはカードの使いすぎです。複数のクレジットカードを並行して使うのは、「支出」を見えにくくし、よくわからないままお金が消えていく原因にもなります。

次ページではどうしたらいいのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。