日本がこの先もずっと低成長しか望めない理由

労働力が減って実質成長率はせいぜい0.6%

政府の高い成長見通しを反映して、税収も高い伸びになっています。

安倍晋三首相は1月20日の施政方針演説で、「来年度予算の税収は過去最高となりました。公債発行は8年連続での減額であります」と述べました。

確かに、2020年度の税収見通しは、63.5兆円で過去最高です。しかし、これは、かなり高い経済成長を想定しているからです。

2019年度当初予算でも、62.5兆円の税収を見込み、安倍首相は施政方針演説で、「過去最高」としていました。しかし、実際には、法人税などが落ち込んだため、補正予算で60.2兆円に下方修正されました。

2020年度も同様の結果となる可能性が高いと考えられます。

このように、経済成長率の見通しは、さまざまな政策の評価に大きな影響を与えます。

1年間の予測ですらそうなのですから、長期にわたる経済成長率の予測は、政策評価に大変大きな影響を与えます。

そこで、日本の長期的な成長率はどの程度の値かについて、さらに立ち入って考えましょう。

経済成長を考える基本式 

一定の仮定の下で、経済成長に関する次のような基本式(以下、基本式Aとします)を導くことができます。

実質経済成長率​
=ax(労働の成長率)+(1-a)×(資本ストックの成長率)+(技術進歩率)
 …… 基本式A

つまり、労働や資本、ストックが増えれば経済が成長するが、それだけでは説明できない要因による影響もあるということです

次ページ労働分配率は0.6程度
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT