渋野日向子がゴルフ界に与えた絶大な経済効果

2019年はまさにシンデレラストーリーだった

LPGAのホームページのアクセス数は渋野が優勝する前までは、7000万ページビューが平均であったが、優勝後は1億ページビューを超え、多い月は1億6000万ページビューに達したとのことである。1つの競技のホームページが月間1億ページビューを超えていることは凄いことである。ホームページの価値まで急上昇させたのだ。

渋野日向子がゴルフ界に及ぼす波及効果

渋野は子供好きであることを公言している。全英女子オープンで優勝した後からは、トーナメント会場に子供たちの姿が多く見られるようになった。また、ギャラリーも渋野が出場する試合が確実に増えている。全英女子オープンの時のように、笑いながら、ギャラリーとハイタッチできる状況ではなくなったが、渋野は子供たちからの声かけやサインには笑い顔で応じている。

宮里藍が2003年にアマチュアの高校生でツアー優勝し、プロ入りし女子プロブームが起こった。その宮里藍に憧れて、ゴルフを始めた世代が、まさにいま活躍している渋野日向子、畑岡奈紗に代表される21歳のいわゆる黄金世代である。渋野に憧れ、ゴルフを始める子供たちの中から、第二の渋野日向子が生まれるかもしれない。おおきな波及効果が期待できる。宮里藍と同じサントリー所属になったことも、後押しするだろう。

本にできるよ。と色紙に書いた渋野日向子(筆者撮影)

渋野は年末のLPGAの表彰式の後、記者の「今年を表す言葉は何か?」という問いに対して「本にできるよ。もちろん自分では書けないので誰か書いてください」と周囲を笑わせながら答えた。

まさに、自分自身も想像しなかった、シンデレラストーリーの1年だった。2020年はオリンピックイヤーである。今年の目標に「東京五輪」を上げている。

オリンピックに出場できるゴルフオリンピックランキングは1月30日時点で、畑岡奈紗4位、渋野日向子11位、鈴木愛13位である。15位以内であれば、1か国4名まで出場できる。最終決定は6月30日のランキング。この3名が揃ってオリンピックに出場でき、金メダルを目指してほしい。

(文中一部敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT