渋野日向子がゴルフ界に与えた絶大な経済効果

2019年はまさにシンデレラストーリーだった

2019年のゴルフ界は渋野日向子で一色だった。今年の活躍にも注目が集まる(筆者撮影)

新年を迎えても、ゴルフ界の話題は渋野日向子を中心に動いている。シーズンオフも多忙で、各メディアのスポーツ関連表彰式に出席したり、テレビにも年末のNHK紅白歌合戦のゲスト審査委員や、お正月番組にも数多く出演していた。

更に1月14日にサントリーホールディングスが2020年2月より渋野日向子と所属契約を結ぶことを発表した。渋野は記者会見にサントリー所属の宮里藍と共に登場。「憧れていた宮里藍さんと同じサントリー所属になれてうれしい。子供たちの憧れになるように頑張る」と抱負を述べた。

所属契約に宮里藍と登場した渋野日向子(筆者撮影)

また、サントリーが「AIG全英女子オープン」のOfficial Soft-drink Partnerとなり、6月に開催されるサントリーレディスの優勝者、2位のプロ選手が「AIG全英女子オープン」の出場権を獲得できることになった。

渋野の全英女子オープン優勝をきっかけとして、サントリーのゴルフ界への応援姿勢が明確になったといえる。渋野日向子の優勝は日本を代表するグローバル企業をも動かしたのだ。

クラブ契約先のPINGゴルフの1月21日新商品発表会に渋野は賞金女王の鈴木愛と共に登場し、多くのメディアを集めていた。発表会の後の会見で今年の目標である東京オリンピック出場について「6月末まではアメリカツアーと日本ツアーの両方に出て、しっかり成績を残して選ばれたい」と今年の6月末の発表のオリンピックランキングで上位2位以内を目指すことを表明。

賞金女王の鈴木愛と登場した渋野日向子(筆者撮影)

渋野の今年の初戦はアメリカ・LPGAの「ホンダLPGAタイランド」で、翌週のシンガポールで「HSBC女子チャンピオンズ」を戦ってから国内ツアーの開幕を迎える。

更に、1月23日に日本プロゴルフ殿堂から、海外メジャー全英女子オープンの優勝を評価して特別賞が贈られることが発表された。

特別賞受賞は2013年全米シニアプロ優勝の井戸木鴻樹以来2人目の快挙である。これも、海外メジャーに勝つことがいかに大きなことか、わかるだろう。

渋野日向子全英優勝は2019年ゴルフ界のトップニュース

2019年日本のゴルフ界のトップニュースは、渋野日向子の海外メジャー「AIG全英女子オープン」優勝であることは、衆目の一致するところだ。

海外初遠征で、当然海外メジャー初挑戦の渋野の優勝は誰も想像すらしていなかった。注目はアメリカのLPGAツアーに参戦し、すでに3勝をあげ、日本でも日本女子オープンにすでに2勝している畑岡奈沙がメジャー優勝に最も近いと思われていた。

次ページまさにシンデレラストーリー
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。