モノより思い出ではなく、モノ=思い出に

「コミュニケーション」が高めるモノの価値

モノを通じたコミュニケーションは人生に影響を与える

もうひとつ、「コミュニケーション」にフォーカスしたプロダクトをご紹介させてください。「マザーハウス×カタリバ ペンケース」というものです。このプロダクトは2013年夏に私たちが販売した商品ですが、モノを通じて「コミュニケーション」を作るという点で同じく新しい仕組みが入っているものです。

実際のペンケース。大人が使いやすく、という思いが込められている

このプロダクトのスタート地点は、NPO法人カタリバが東日本大震災の被災地で運営している「コラボ・スクール」の中学生・高校生が、マザーハウス本店を訪問したことから始まります。半日の滞在の中で、10人ほどの中学生たちが、3~4人のチームに分かれてペンケースのデザインをして発表しました。そして、その発表したデザインをフェイスブック投票にかけて、最終的にひとつの案に絞り込み、全店で発売しました。

ただ、普通に販売するのではなく、商品一つひとつに切手付きハガキを同封しました。そこには、子どもたちの学ぶコラボ・スクールの住所が記載されていて、お買い上げいただいたお客様がメッセージを書くと、直接、そのハガキが子どもたちに届く仕組みとなっています。

この商品も「コミュニケーション」をデザインすることを意識して作られています。最終的にフェイスブック投票で選ばれたペンケースをデザインしてくれた黒澤くん(当時中学3年生)は、描いてくれたデザイン画のレベルが高かったのですが、彼自身は人生の中でそのように言われたことはあまりなかったそうです。

真剣なまなざしでデザインする黒澤くん(中央)
次ページモノの可能性をもっと信じてほしい
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT