富士フイルム、新ビジネス請負人の上司論

富士フイルムのプロデューサー、戸田雄三氏に聞く(上)

全体像でモノを見る力

三宅絵具に例えると、コラーゲンは色が混ざらないようにする役割を果たしているわけですね。

戸田しかも、写真フィルムは写真を撮った後に現像します。現像、定着、水洗など、ここにもいくつもの工程があります。こうした複雑なウエットケミカルリアクションの場では、コラーゲンがないとピュアな色は出せません。写真フィルムには百数十年の歴史がありますが、コラーゲンを使うことによって工業製品として市民権を得たのです。

そのコラーゲンは牛の骨から取っていました。フィルム産業を支えてきたのは牛の骨なのです。富士フイルムは、良質なコラーゲンを作る工場を持っていました。というのも、コラーゲンの質が変わるとフィルムの感度が変わってしまうので、不純物が混ざらないようにしていたのです。写真フィルムはそのぐらい微妙な製品です。富士フイルムはそういうものをずっと製造してきたわけです。

三宅その複雑で微妙なものをマネージする力がRCPの研究にも役立ったのですね。戸田さんは研究所からではなく、製造、開発部門を経て研究所長になるという、珍しい経歴をお持ちですが、このことはイノベーションを成し遂げるのに役立ちましたか?

戸田役立っていますね。僕みたいな性格の人間は、最初に製造部門に入ってよかったと思います。

三宅僕みたいな性格とは?(笑)

戸田人にゴールを決めてほしくない。ゴールは自分で決めたいのです。僕らが入社した頃は、研究が分業になった時代でした。分業になると全体感でモノを見る力がなくなってしまうのです。今、再生医療で注目されている京都大学の山中伸弥教授がすごいのは、ビッグチームの一部分として動いているのではなく、全体が見渡せることなのですよ。

今の研究者の多くは役割を決められていて、ベルトコンベアの前に座って技術の一部をちょこちょこやっている。これでは大きな発明はできません。僕は分業化された研究所ではなく、全体が見られる製造から入った。全体感でモノを見る力が養われました。それがよかったと思っています。

(構成:仲宇佐ゆり、撮影:大澤誠)

※ 続きは3月19日(水)に掲載します

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。