マネックス証券の野望、2度目の大型再編へ


 一方の松井社長は10月28日の決算説明会で、「ネット証券各社は、手数料体系や商品構成にずいぶん違いが出ており、1+1=2にならない」と語った。現段階ではマネックスと松井証券が合流する可能性は低かったといえる。

かつてマネックスには、楽天証券の前身であるDLJディレクトSFG証券との間に統合構想が持ち上がったこともある。「両社の主導権争いで折り合いがつかなかった」(関係者)ため実現しなかったが、それだけ松本社長の再編に懸ける意欲は強かった。

楽天証券はオリックス証券と同じ大和総研製の基幹システムを採用している。今回の合併でマネックスがオリックス証券のシステムに統一すれば、楽天証券との合流もありうる、との見立てもある。

松井社長は「今後は体力勝負の時代になる」とも語っており、マネックスとの合流が完全に消えたわけでもないだろう。松本社長はまだ野望を果たしていない。

■マネックスグループの業績予想、会社概要はこちら

(武政秀明 撮影:風間仁一郎 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。