フェラーリ・ローマは走りもスタイルも絶品だ

日本で2020年夏頃に発表される新型車の凄み

発表会場で並べられた色ちがいの3台(写真:LEON編集部)
フェラーリが2019年11月にお披露目を行った新型モデル「フェラーリ・ローマ」。「面の美しさを追求して完成させた自信作」とデザイン統括のマンツォーニ氏が語る、その魅力とは?

クルマ好きなら一目で好きになるスタイリング

スポーツカーの真の魅力ってなんだろう。人によって価値観は多様でしょうが、いまの時代なら「エレガンス」が大正解かも。フェラーリが2019年11月にお披露目を行った「ローマ」は、まさに“よき時代”を彷彿されるエレガントさが最大のセリングポイント。

本記事はLEON.JPの提供記事です

フェラーリがローマで新車の発表を行う。世界各地から150人ものジャーナリストがその場に招待されたものの、実際にはどんなクルマなのかは、ベールの向こう側に。発表会の前日に正式なリリースが出るまで誰も実体を知る人はいなかった。

すべてが明らかになったのは、発表会当日。1960年にローマ五輪の舞台となった競技場スタジオ・オリンピコ・ディ・ローマに隣接した会場を訪れると、大きく掲げられた「La Nuova Dolce Vita」の文字が目に飛び込んできた。ラ・ヌオーバ・ドルチェビータ。日本語にすると、新しい甘い生活。LEONにふさわしいような、まさに甘美な響きをもった言葉。

ルーフラインとフェンダーの線を説明するマンツォーニ氏(右)とマーケティング担当のガリレア氏(写真:LEON編集部)

フェラーリ社でマーケティングと販売を統括するエンリコ・ガレリア氏が舞台に登場し、「これがいまという時代に求められているフェラーリです」と紹介したのが、まったくの新型モデル「フェラーリ・ローマ」だ。

「エレガンスを重視しました」と一緒に舞台に上がったデザイン統括のフラビオ・マンツォーニ氏がスタイリングの主旨を説明。たしかに、側面からみると、流麗という言葉が最も似合う。

7月に出た「F8トリブート」や、そのあとの「SF90ストラダーレ」が、さすがF1をやっているメーカーと思わせるほどの空力付加物で、ハイスピードを追求していたのに対して「ローマ」はあくまで滑らかな面が目を引く。

次ページ日常的に使えるフェラーリとして開発
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。