今後の日経平均株価に「強気予想」をする理由

世界の先進国は次第に「日本化」している

だが、ここで重要なのは、投資家はそれが良いか悪いかはともかく、今静かに進んでいる「世界のMMT化」によって、株式市場がどちらに動くかを考えれば良いだけだ。

株の量よりもカネの量が多ければ当然株は上がる!このMMT理論が、デフレに近い状態に陥ってしまった世界を救うかもしれない。

実際、アメリカの対GDP比債務残高も今や108%であり、日本の半分にもならないとはいうものの、じりじりと日本化が進んでいる。その意味で、2020年は、FRBとMMT賛同者らしいトランプ大統領との攻防戦に注目したい。ちなみに安倍晋三首相・黒田東彦日銀総裁緒の「アベ・クロ政策」は赤字国債発行も復活させる計画であり、さらなるMMT化の準備は整っているといえよう。

次の「相場の上昇エンジン」は何か?

さて、つぎにこの相場の「上昇エンジン」になるテーマは何だろうか。筆者に言わせればそれはEUVということになる。

EUV(Extreme Ultravioletの略)とは、極端紫外線と呼ばれる非常に短い波長(13.5ナノメートル)の光を用いるリソグラフィ技術(半導体を製造する際、基盤に電子ビームなどで回路パターンを転写する技術)であり、次世代通信規格の5Gを根本で支える微細半導体の製造に欠かせない技術だ。

2020年はいよいよ5Gの時代が本格的に到来するわけだが、この微細半導体なくして実現は出来ないといっても過言ではない。

すでにアベノミクス相場は動き出しているが、この関連銘柄の評価が、2020年日経平均の水準を決める大きな要素の1つになるのではないか。特に昨年の後半は、このEUV技術関連で、東京エレクトロン、アドバンテストなど多くの銘柄が人気化し、昨年は「EUV元年」(ウシオ電機の牛尾治朗会長)とも言われた。だが、まだ日本企業で大きな売り上げが立っているところはない。

すでに海外のメーカーでは一部出荷しているところもあり、これからの日本企業の巻き返しが期待される。とにかく出荷が開始される少なくとも数か月先で、5G関連人気はこれからまだまだ続き、日経平均の高値へのエンジンになって行くと思っている。

なお、その人気持続のバロメーターとして、筆者は新光電工(6967)を観察している。PER(株価収益率)などの株価指標から見れば常識では買えない水準だが、この異常さこそがEUV関連の期待の大きさを示すと思う。まずは全体相場である日経平均が2万4000円を抜けるのを、ゆっくり見守りたい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT