2020年に「日本株ブーム」が来ると予想する理由

干支で見ても、2020年は上昇にふさわしい

筆者は「2020年に日本株ブームが到来する」という(写真:atsu/PIXTA)

2020年で筆者の業界経験値の蓄積は50年になる。取り柄といえば、この経験値くらいしかないので、今後も日本最年長のマーケットアナリストを目指して精進したいと思っている。好きなことを好きなだけやらせてもらっていることへの感謝と共に。

50年の経験でつくづく感じるのは、大勢観で動いてはならないということだ。大勢意見はそれが正しければ正しいほど、外れる。なぜなら投資家はその正しい大勢観を評価し、事前に対処するからだ。「明日上がる」と分かったら投資家は皆、今日買って明日売ろうとする。

しかし明日誰が買ってくれるのだろうか。大勢観の基になる優れたエコノミストを否定するわけではない。優れた分析があるからこそ大勢観になるのであって、筆者は優れたエコノミストを心から尊敬している。つまり、どんな良い情報でもそれを生かすも殺すもこちら側の問題、ということなのだ。

2020年相場の特徴とは?

さて2020年相場の特徴を筆者なりに6つ挙げる。

① 財政出動により世界的金余りはますます進む
② アメリカのドナルド・トランプ大統領の事情(支持率50%以下での再選は戦後ない。景気テコ入れの手は抜けない)。
③ 日本の事情( 2021年が任期のアベノミクスのタイムリミットは事実上2020年)。
④ 空売りが溜まる(米中対立で混迷する世界景気の不透明感で強気にはなれない)。
⑤ アメリカ株よりも日本株。
⑥ 日本株のブームが来る

このうち①~④は説明する必要もないだろう。⑤については前回の「2020年は日経平均が大きく上昇すると読む理由」でも十分解説した。今回は⑥の解説をしよう。

次ページなぜ日本株のブームが来ると読むのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT