4万円で体験も「世界のビジネスジェット」事情

オーナー以外も搭乗できる機会がある欧米

プライベートジェットの気になるお値段は? 写真はイメージです(写真:Vitaly/PIXTA)

日産自動車元会長カルロス・ゴーン被告が国外に逃亡した事件では、プライベートジェットの通関体制が大きなカギをにぎっていたのは、すでに報じられたとおりである。

民間航空会社が運航するのではなく、個人ないし法人が所有するジェット機であるプライベートジェットは、つねに富裕層の象徴として語られてきた。だが実際のところ、どのくらいの金額で乗れるのかについては広く知られてはいないのではないだろうか。そこで、ここではプライベートジェットに乗るために必要な金額について検討してみたい。

プライベートジェットはビジネスジェットともよばれる。国土交通省によると、ビジネスジェットとは数人~十数人乗りで、個人の都合に合わせて目的地まで飛ぶことができる飛行機のことで、利用者は企業の経営層など時間的制約の厳しいユーザーが中心だとされている。

世界で最も高価なプライベートジェット

世界で最も高価なプライベートジェットといわれているのは、サウジアラビアの世界的大富豪にして投資家として知られるアルワリード王子が2007年に購入したA380のプライベートジェットだ(正確には同王子がオーナーの「キングダム・ホールディング・カンパニー」の所有)。

約20のベッド、執務室、ダイニングルーム、エンターテインメント(コンサート)ルーム、大理石のトルコ式バスルーム、エレベーターに加えて、ロールス・ロイスを収容できるうえにミサイル防衛システムも完備したこの機材、改装費も含めて購入費用は約4億8500万ドル(約530億円)ともいわれた。

ブルームバーグによれば、このA380は2013年に売却されたとも報じられたが、顧客の情報は明らかにされていない。もっともこの機材が確認されたことはなく、実際には発注がキャンセルされたのではないかと見られている。

いずれにしてもこのプライベートジェットはあまり現実的ではないので通常のプライベートジェットについて検討してみたい。

次ページホンダジェット エリートの金額は?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
鉄鋼不況の常態化は必至<br>迫られる国内リストラ

日本製鉄をはじめ、JFE、神戸製鋼所の鉄鋼3社は、強烈な不況に苦しんでいます。主力の鉄鋼事業の利益が急減し、逆風は一時的とは思えません。買収を含めた海外での拡大、国内拠点のリストラなど、生き残り策の深層をリポートします。