日経平均急落、イラクの米軍基地にミサイル

一時2万3000円割れ、さらなる下落はあるのか

 1月8日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比358円23銭安の2万3217円49銭となり、 大幅に反落してスタート。写真は2011年12月、都内で撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 8日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比358円23銭安の2万3217円49銭となり、 大幅に反落してスタート。7日の米国株式市場で主要株価3指数が下落したことや、外為市場でドルが一時107.83円まで急落したことが嫌気されている。

米高官はロイターに匿名を条件に、米軍が駐留するイラクのアルアサド空軍基地に向けて複数のロケット弾が発射されたと語った。同高官によると、この攻撃の被害状況に関する情報はまだない。中東情勢を巡る警戒感が引き続き投資家心理を圧迫する可能性がある。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。