日経平均急落、イラクの米軍基地にミサイル

一時2万3000円割れ、さらなる下落はあるのか

 1月8日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比358円23銭安の2万3217円49銭となり、 大幅に反落してスタート。写真は2011年12月、都内で撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 8日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比358円23銭安の2万3217円49銭となり、 大幅に反落してスタート。7日の米国株式市場で主要株価3指数が下落したことや、外為市場でドルが一時107.83円まで急落したことが嫌気されている。

米高官はロイターに匿名を条件に、米軍が駐留するイラクのアルアサド空軍基地に向けて複数のロケット弾が発射されたと語った。同高官によると、この攻撃の被害状況に関する情報はまだない。中東情勢を巡る警戒感が引き続き投資家心理を圧迫する可能性がある。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT