「30代女性の婚活」はなぜ苦戦してしまうのか

20代の頃は「体の関係=付き合う」だったが…

30歳を過ぎて“真剣に結婚できる相手を探そう”と思うようになり、友達や会社の上司や周りの人たちに、「誰かいい人がいたら紹介してほしい」と触れ回った。知り合いから紹介される人ならば、ある程度素性がわかるから安心感もある。また、誘われれば合コンに出かけ、自分でも合コンを企画し、出会いの場を以前よりも多く作るようにした。

「でも人の紹介って当てにはならないし、数が出会えないんですよね。1人の人が3人も4人も紹介してくれるわけではないから。あと、合コンはただの飲み会になってしまう。中には既婚者の方も参加したりするので、なかなかいい出会いがありませんでした」

銀座コリドー街にも、週末に出かけていくようになった。ここは数年前から、サラリーマンやOLのナンパの聖地と言われているところだ。

「場所柄、銀行、証券、広告代理店と、客層はいいんです。というか、自分の会社の名刺で釣れると思う男性たちは、真っ先に会社の名刺を出してくる。だけど、一流会社の人ほどその後連絡を取り合っても、1回か2回食事をすると、その先が続かない。そして、どういうわけか皆さん、食事の後にホテルに誘ってくるので、まじめに彼女を探している人は、少なかったんだなと思いました」

こんなことを続けているうちに、33歳になってしまった。

33歳を過ぎると既婚者からの誘いが増えた

「33歳になってからは、さらに恋愛の景色が変わった気がしました。20代の頃に声をかけてくるのは、独身男性。でも、33歳を過ぎたあたりから、既婚者から食事に誘われることも多くなって、その後はホテルに誘われる。結婚対象として見られるのではなくて、明らかに遊び目的が多くなりました」

会社の忘年会の日、週末を利用して韓国旅行に行くことを計画していた由美子は、翌朝のフライトが早かったので、空港の近くにホテルを取っていた。

それを知っていた同じ課の40代の課長が、酔いに任せて隣の席に座り、「今夜は大谷さんと、ゆっくり飲みたいなぁ」と体をすり寄せてきた。上司なのでむげにもできず、適当にあしらっていたのだが、帰り際、課長がタクシーを止め、そこにまずは由美子を乗せようとしてきた。

「私は、1人で帰れるので大丈夫です」

するりと課長の腕を振りほどき、小走りで逃げ去ったという。

「もうセクハラもいいところですよ。ただ、私も子どもじゃないし、酔っ払ってのことだから、それをもっと上の人に言いつけたりはしませんでしたけど」

次ページ婚活アプリで出会った男性は…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。