2020年にブレイクしそうな企業はどこなのか?

『会社四季報』で読み解く2020年の企業業績

 東洋経済新報社の記者が、SBI証券チーフストラテジスト・北野一氏とともにマーケットを展望する月1回の動画連載「Monthly TREND REPORT」。第1回後編では『会社四季報』の山本直樹編集長が2020年の企業業績について、最新の2020年新春号から解説します(詳しくは動画をご覧下さい)。                                                                                   前編 日本が「失われた20年」から脱却する3つの理由

2020年3月期の業績見通しは6.3%減益

――2020年の企業業績の見通しについて教えてください。

上の画像をクリックするとSBI証券「Monthly TREND REPORT」のページにジャンプします

山本:『会社四季報』2020年新春号には、2020年3月期の業績見通しを掲載しています。全業界で見ると、売上高は0.6%増とほぼ横ばい、営業利益は6.3%減でした。製造業と非製造業で分けると、製造業のほうが、落ち込みが大きく、営業利益は9.9%の減益、非製造業は2.8%の減益でした。

こうした予想に織り込まれているのは、長期化する米中貿易摩擦とそれに伴う中国の景気減速の影響が大きいでしょう。また、昨年10月の台風19号による被災で大きい工場が止まってしまったという企業もありました。こうしたことから、3カ月前に発売した秋号に比べても下方修正を行う企業が多く出ました。

次ページ2020年、注目している業界・企業は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT