東京4年、26歳「映像」女子が関西に戻った理由

激務ながらも仕事は面白いが住むのは疲れた

仕事を辞めた後どうするのか聞くと、「サウナを広めたい」と予想外の答えが返ってきました。

仕事の忙しさや、失恋のつらさや、精神的に参ってしまったとき、気持ちを紛らわせて支えてくれたのがサウナでした。

どんなに忙しくても、週に3日は欠かさずに通っているそうです。

しゅが〜ちゃんさんと同じ大学の卒業生に、サウナ体験記『サ道』(PARCO出版)を描いた漫画家のタナカカツキさんがいます。

忙しいしゅが〜ちゃんさんがサウナに行くようになったのも、その時間が捻出できるようになったのも、タナカさんに教わった「朝活」を実践するようになってからです。

タナカさんの朝活は午前4時に起床して、正午までに仕事を終わらせ、午後にサウナへ行くスケジュールなので、まったく同じ生活はできませんが。しゅが〜ちゃんさんなりに生活に取り入れて規則正しく過ごすことで、心身が壊れるのを防いできたのです。

編集作業が夜遅くなってしまっても、翌朝7時には必ず起床して、生活リズムが崩れないようにきちんと朝から行動するようになりました。

最初は同じ時間に早起きをするのがつらくて難しかったそうですが、休みの日も同じ時間に起床することで次第に起床時から頭が冴えてきて、掃除をして部屋の環境を整えたり、仕事以外の自分の創作物について考えたりする時間が増えていったと言います。

また、タナカさんが朝活を実践しているだけでなく、そのノウハウを人々に伝えていることにも心打たれました。

しゅが〜ちゃんさん自身も、好きなもの、いいものを、必要な人に伝えて手渡していきたい気持ちになったのです。

アパレル関係の会社へ転職

次の就職先はアパレル関係の会社で、デザインとともに製品のマーケティングにも携わるそうです。

全然違う仕事ですねと言うと、「そう、全然違う仕事なんです!」と、楽しみな気持ちをかみしめるように明るい声で教えてくれました。

「フリーランスで1人の作業ばっかりだったから、今度は会社の人たちとみんなで仕事するのが楽しみです」

取材をしたあの夏の日から随分と時間が経って、記事が完成したので久しぶりに連絡をとったら、京都で楽しく働いているとカラフルな絵文字入りで返信がありました。

しゅが〜ちゃんさんはいま、みんなでつくった服を喜んでくれる人たちに伝えて、届けています。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。