ジム・ロジャーズ「大金持ちへの近道」を教えよう

投資で大成功するにはどうすればいいのか

分散投資は一見リスクが低減できそうだ。だがジム・ロジャーズ氏はそうとも限らないと指摘する。投資で「儲ける」ための法則とは?(東京での講演会で、筆者撮影)

ファイナンシャルプランナーの花輪陽子です。ジム・ロジャーズ氏の『日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人とお金の動きを見抜く』の講演が東京、京都、大阪で行われました。前回に引き続き、講演や書籍などを中心に投資で勝つ法則をお伝えしたいと思います。

自分がよく知っている分野で集中投資する

「投資家として成功を収める唯一の方法は、自分自身がよく知っているものに投資をすることだ。人は誰しも、熟知している分野なり事柄があるだろう。スポーツ、ファッション、車、何でもいい。それこそが投資すべき分野なのだ」

ファイナンシャルプランナーとして家計の相談を受けていると、若い会社員でも、金融資産が1億円以上5億円未満の「富裕層」や、5000万円以上1億円未満の「準富裕層」の方々がいらっしゃいます。まれに金融資産が5億円以上の「超富裕層」にもお会いしますが、その多くは集中投資をして若くして富を築いています。

投資の特徴としては、自分の得意分野に投資をしてきたという方が多いです。ヘルスケアに詳しい人はヘルスケアの株式を、オイルに詳しい人はオイル取引を、不動産に詳しい人は現物不動産やデベロッパーの株に投資をするなどです。

ある分野に深く通じていれば、その情報や動きを敏感に察知できると同時に、マーケットのリスクも把握できます。情報や動きをセミナーなどでつかむこともできますが、その場合、そのおいしい情報はマーケットに織り込み済みで、すでに投資のタイミングを逃している可能性が高いのです。

次ページ「分散投資がリスクを低減する」とは限らない
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。