トヨタ「グランエース」は誰のためのクルマか

アル/ヴェルよりデカい「巨大ワゴン」の狙い

12月16日に発売されたトヨタ「グランエース」(写真:トヨタ自動車)

2019年12月16日にトヨタから登場した新型車が注目されている。「グランエース」である。名前の由来はスペイン語で「大きな/偉大な」を意味する「GRAN」と、英語で「第一人者・優れた者」を意味する「ACE」を組み合わせた造語だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

車体は全長5300mm×全幅1970mm×全高1990mmと、国産最大級のラージサイズ。これまで国産ミニバンとして最も豪華で大きかったトヨタ「アルファード/ヴェルファイア(以下:アル/ヴェル)」が全長4950mm×全幅1850mm×全高1935mmだから、それと比較しても全長で350mm、全幅で120mmも増している。それだけでも、グランエースの巨大さがイメージできるだろう。

大きなボディーは広い室内空間を実現し、3290mmという室内長は、軽自動車の全長に迫るほどの数値。とにかく広いのである。なおトヨタは、このグランエースを「ミニバン」ではなく「ワゴン」と説明する。

4列シートと3列シートの2タイプ

注目は、その広いキャビンを活かしたパッケージングだ。グランエースのグレードは、ベーシックな「G」と上級仕様の「プレミアム」があり、前者はなんと4列シートの8人乗り。乗員レイアウトは前から「2-2-2-2」で、どんな国産ミニバンよりも広い室内幅を持ちながらも、決して3人を横並びに座らせないぜいたくな空間作りだ。

4列シートの「G]と3列シートの「プレミアム」で外観に差異はない(写真:トヨタ自動車)

シートはアル/ヴェルの上級グレードと同様の「エグゼクティブパワーシート」を2列目に採用。左右独立したセパレート式で、オットマンや電動リクライニング機能を組み込み、大きな肘掛も備わっていて、見るからに立派な作りである。飛行機に例えれば、国内線の“ファーストクラス”といったところだ。

Gの3列目は、アル/ヴェルの中級グレードの2列目に組み込まれる「リラックスキャプテンシート」で、こちらはちょっと上級なJAL国内線“クラスJ”といった様相。4列目は左右がつながったベンチシートとなる。

次ページ上級仕様はすべてがファーストクラス
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT