トヨタ「グランエース」は誰のためのクルマか

アル/ヴェルよりデカい「巨大ワゴン」の狙い

上級仕様のプレミアムは「2-2-2」の6人乗り。ボディーサイズはどちらも共通だから、こちらはシートが1列少ない分だけ、各席の足元がゆったりしている。さらに「G」とは異なり、2列目だけでなく3列目にもエグゼクティブパワーシートを設置。3列目も2列目と同じ快適性を得ているのがポイントだ。

2列目がファーストクラスで3列目はクラスJ、そして4列目は通常のエコノミークラスといえるGに対し、プレミアムは後席すべてがファーストクラスと考えれば、いかにぜいたくな作りか理解できるだろう。

まるで小型ビジネスジェットの感覚であり、こういったシートアレンジかつここまでぜいたくなシートを組み込んだ量産ワゴンは、これまで日本車でも輸入車でも存在しなかった。グランエースは新しい世界を切り開いたといえる。

価格は、620万円から650万円。750万円を超えるアル/ヴェルの最上級モデルと比べると安いが、アル/ヴェルで2列目がエグゼクティブパワーシートとなる最も安い「S“Cパッケージ”/ Z“Gエディション”」が、466万4000円からと考えれば高額だ。

スーツケース「4個積載」の意味

グランエースとアル/ヴェルとを比べてみると、サイズがひとまわり大きいのに加え、Gではシートが1列増えている、プレミアムでは2列目だけでなく3列目にも豪華なシートを備えていることが大きな違いだが、それによりグランエースは、「たくさんの人がゆったり乗る」「3列目まで豪華なシートでゆったり」というアル/ヴェルではまねできない乗員へのおもてなしを実現している。

また、3列目まで使っても広い荷室が確保できることも、アル/ヴェルにはないポイントだ。

「6人乗りは、ゆとりある後席スペースを確保しながら、約90L(縦750mm×横510mm×幅310mm)のスーツケースを立てたまま4個まで積載が可能」とトヨタは説明する。90Lのスーツケースといえば、特大サイズだ。4個という数は、後席に座る乗客の人数分の荷物を想定しているためだ。

次ページ狙いはインバウンドの富裕層
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。