トヨタ「グランエース」は誰のためのクルマか

アル/ヴェルよりデカい「巨大ワゴン」の狙い

ただし、勘違いすべきでないのは、グランエースが決して「アル/ヴェルの上位モデルではない」ということだ。

実はグランエースのボディーは、海外向けの新型ハイエースである。単純に言ってしまえば、荷物運搬車(商用車)であるハイエースの超豪華仕様にすぎない。そのため、乗用車として車体づくりの根本から快適性を追求して開発されたアル/ヴェルと比べると、劣る点がいくつかある。

ファミリーユースならアル/ヴェルを

例えば乗り降りの際は床が高く、そのぶん乗降性はマイナスとなる。また、乗り心地はハイエースから大きく改善されているとはいえ、重い荷物を積むことを前提とした車体設計の構造上、アル/ヴェルには届かない。

アル/ヴェルのほうがファミリー向け。写真はトヨタ「アルファード」(写真:トヨタ自動車)

さらにドライバビリティは、セダンから乗り換えても違和感のないアル/ヴェルと違って独特の感覚があるし、エンジンの特性や動力性能なども商用車の域といえる。

つまり、クルマのキャラクターとしてはあくまで運転手付きで移動するクルマであり、パパやママが運転して使うファミリーユーザー向けではないのだ。タイでも、富裕層のプライベート移動車はヴェンチュリーではなく、より快適性が高いアル/ヴェルを選ぶのが常識だ。

以上のことからわかるように、広い室内だけを求めてアル/ヴェル感覚で自家用車としてグランエースを購入することは、決してオススメできない。グランエースは独自のポジションから注目を浴びているモデルではあるが、そこを見誤ってはいけないのである。決して“大きなアル/ヴェル”ではないのだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT