三菱「新型デリカD:5」発売から1年後の通信簿

賛否あるデザインはユーザーにどう映ったか

「発売時の目標台数はほぼ達成しております。(販売の結果に対して)満足ゆくものかについては、目標達成はしておりますが、これからもより多くのお客さまに、お乗りいただきたいと思っています」とは三菱自動車の広報のコメントだ。

併売される旧モデルのガソリン車(写真:三菱自動車)

また、「ユーザー層は、旧型と変わらず、30~40代の子育て層が多いのですが、安全装備の充実および質感向上により、50~60代の層の割合も増えています」とのこと。

面白いのが新型と旧型の販売比率が「新型89:旧型11」というところ。新型と旧型はエンジンが違うだけでなく、価格も大きく異なる。新型が約384万~422万円のところ旧型は約245万~322万円と、新旧で150万円近い価格差がある。それでも人気は圧倒的に新型が高い。価格ではなく、内容でデリカD:5は選ばれているのだ。

デビューから12年を過ぎての結果としては上々

デリカD:5という名称は、デリカ・シリーズの第5世代と言う意味合いを含んでいる。そして初代のデリカのデビューは1969年、つまりデリカ・シリーズは50年も続く、三菱自動車きっての老舗モデルであるのだ。50年で5世代ということは、1世代平均で10年となる。実際にデリカD:5のデビューは2007年。なんと、現行の「デリカD:5」は12年も前に登場したモデルなのである。

それでも2019年4~9月のブランド通称名別販売ランキングでは39位。同じミニバンでは、その下に「オデッセイ(40位)」「ハイエースワゴン(44位)」「エスティマ(48位)」が存在する。

また、三菱車で50位以内に入っているのは、39位のデリカD:5のほか、50位の「エクリプスクロス」のみ。デリカD:5 は、今も三菱自動車きっての稼ぎ頭というわけだ。

デビューから12年を過ぎても高い人気を維持できるのは、「オフロード走行可能なミニバン」という唯一無二の個性と、ブラッシュアップの手を緩めない三菱自動車の努力だと言える。今回の新型登場から1年の振り返りとしては、国内販売の主力という重責を担う上々の結果だろう。また、50~60代の新しい購入層を開拓したことは、新型デリカD:5の大きな功績だ。

今回のビッグマイナーチェンジによって、デリカD:5 のイメージはうまく一新できたと言える。これによりモデルライフは、さらに3年以上は延長されるのではないだろうか。これも、今回の新型の成果の1つだろう。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT