デリカD:5は「アルヴェルの牙城」を崩せるのか

価格帯や室内空間、先進安全装備の違いは?

2月に販売を開始した三菱自動車のオールラウンドミニバン新型「デリカD:5」(写真:三菱自動車)

高級フラッグシップミニバンとしてはすでに不動の地位を築いた感のあるトヨタ アルファード/ヴェルファイア。その人気は日本にとどまらず、上海モーターショーではアルヴェルをベースにしたレクサス初のミニバン、LMが発表されたことも記憶に新しい。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そんなアルヴェルのライバルといえば、本来であれば日産のフラッグシップミニバンであるエルグランドが最右翼のはずなのだが、登場から9年が経過し、大きな改良もないまま、なかなか厳しい状態となっている。

そこに新たに割って入ったのが、今年の2月にビッグマイナーチェンジを受けた三菱デリカD:5である。元々はパジェロで培ったオフロード性能を持ち合わせたオールラウンダーミニバンとしてファンの多い車種ではあったが、3列シートミニバンというジャンルこそ同じものの、アルヴェルとはまったく違う土俵の車種であった。

初期型の面影がほとんど消えた

しかし、マイナーチェンジながらフロント周りの基本骨格を変更するほどの大改良を施し、エンジンも型式こそそのままだが構成部品の約半数を一新している。内装も高級感あふれるシートはもちろんインパネまで大きく手が入り、もはや初期型の面影はほとんどないと言っても過言ではない。

旧型の「デリカD:5」(写真:三菱自動車)

さらに前述のビッグマイナーチェンジで、新たに「URBAN GEAR(アーバンギア)」というオンロード色を持たせたグレードが追加されたのである。グレードというよりもカタログまでしっかり作り分けており、まるで別の車種ですよ、と言わんばかりなのだ。

そんなデリカD:5アーバンギア(以下デリカD:5)は406万7280~420万7680円という価格設定となっており、この価格はアルファードの売れ筋グレードである2.5S Aパッケージの392万6880円(ヴェルファイアでは2.5Z Aエディション)や2.5S Cパッケージの438万3720円(ヴェルファイアでは2.5Z Gエディション)に近い価格帯なのである。そのため、考え方によってはライバル関係に十分になりえるのではないだろうか?

次ページエクステリアは好き嫌いがはっきり分かれる?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT