デリカD:5は「アルヴェルの牙城」を崩せるのか

価格帯や室内空間、先進安全装備の違いは?

もはやほとんどの車種に標準装備となりつつある、衝突被害軽減ブレーキなどを含む先進安全装備。今となってはついているかどうかよりも、その内容がどんなものなのかが重要になってきている。

この点においてはアルヴェルに装備される「Toyota Safety Sense」のほうがやや上手となる。衝突被害軽減ブレーキは自転車も認識する高精度のものとなり、レーダークルーズコントロールにはステアリングのアシストがプラスされるのだ。

ただ、両車ともブラインドスポットモニターとリアクロストラフィックアラートは別途オプション設定となる。デリカD:5の場合は上級グレードとなる「G-Power Package」のみ選択可能で、プラス4万8600円。一方のアルヴェルに関しては、なんと専用の9.2インチナビゲーションやJBLサウンドシステム、パノラミックビューモニターとのセットオプションとなり、その価格はなんとプラス61万5600~70万2000円となってしまうのだ。

なお、デリカD:5は基本的にオーディオレスの設定となっており、ナビ類はディーラーオプションか社外品を自由に選ぶことができる。ディーラーオプション品にはアルヴェルをも上回る10.1インチの大型モニターを擁する専用ナビの設定もあるので(27万4968円)選択肢の幅が広いのが利点と言えそうだ。

見積もりをみてビックリするかも

ということで、フラッグシップミニバンに殴り込みをかけたデリカD:5と王者のアルヴェルを比較してみたのだが、ベースとなる車両本体価格こそ近いものの、最終的な見積額では大きな差が出そう、という結果になった。

2月に発売された「デリカD:5 URBAN GEAR」。モダンなデザインが特徴の1つだ(写真:三菱自動車)

アルヴェルは「いいな」と思える装備がオプション設定となる点が多いのに対し、デリカD:5はほとんどの装備が標準で備わっている点と、デリカD:5はクリーンディーゼルエンジンを搭載していることで、エコカー減税によって各種税金が免税となる点が総額で大きく差が出る要因となるのだろう。

もちろん、金額だけで本当に欲しかった車種を諦めるということはしてほしくないが、これだけ総額に差が出ると「デリカD:5もアリかも?」と思う人もいるのではないだろうか。そんなときは近くの三菱ディーラーに駆け込んで、デリカD:5が自分のお眼鏡にかなう車種なのかじっくり考えてもらいたい。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。