余計なモノを持たない主義が宗教的に見える訳

ミニマリズムが提供する魅力的な価値のモデル

ミニマリズム、断捨離は「ときめく」かどうかが重要になる(写真:Fast&Slow/PIXTA)

必要最小限の持ち物で、シンプルな生活を送ることで知られているミニマリスト。今や「デジタル・ミニマリズム」=物理的な断捨離ではなく情報的な断捨離(!)が登場するなど、ミニマリズムはスマートフォンに代表されるデジタルライフ全般にまで及び始めている。

その一方で、ミニマリストやミニマリズムに対する批判も相変わらず根強い。「気持ち悪い」や「宗教くさい」等々、修道僧のような禁欲的なイメージが先行しているからか、「あっちに行っちゃった人」といった文脈で揶揄(やゆ)されることも多い。確かに、「行きすぎた断捨離」や「病的なこだわり」に至っている例が少なくないのも事実だ。しかし、最も大きな論点は、それが恐らく「自己啓発」として機能していることだろう。

「モノを持たない生活」が「人生を変える」

「世界中の人たちと実際に会い、ものを持たない生活の利点を話し合った経験から、私は自信をもって断言できる。ミニマリスト生活は、すべての人の人生を変える」(『より少ない生き方 ものを手放して豊かになる』桜田直美訳、かんき出版)

これは、現代のミニマリズム運動を代表する講演家であるジョシュア・ベッカー氏の言葉だ。

一般的に、自分自身の能力を向上させることや、精神的な成長を目指すことは「自己啓発」と定義されるが、「モノを持たない生活」が「人生を変える」というロジックの構築の仕方を見る限りは、いわゆる「お片付け」を「福を呼び、幸運を招く」メソッドとして位置付ける「断捨離系の自己啓発」の一種といえる。

ベッカー氏は、「モノがない場所が増えれば、それだけ新しい可能性が生まれてくる」「いらないモノを一掃すれば、理想の人生を妨害している障害物もなくなるのだ」(前掲書)と当然のように主張する。つまり、「いらないモノを片付けてしまえば、理想の人生が送れるよ」と言っているのだ。世界的に有名な片付けコンサルタントの「こんまり」こと近藤麻理恵氏が提唱する「こんまりメソッド」でも、「片づけをすることで、人生を変える」がモットーになっている。近藤氏は「残すモノを『ときめくかどうか』の基準で選ぶこと」を重視する。

次ページこんまりも人生の変革を語っている
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT