日本とフランス、「年末年始」はこんなに違う

年始には人々を困らせるあしき風物詩も

エマニュエル:そのほかでは、ラ・デフォンスの新凱旋門の屋上にスケートリンクが設置されていて、そこでパリの景色を見渡しながら大晦日を過ごしたり、サーカスのテントでショーをみたり、イグルーの中で年越しをしようというイベントもあるよ。イグルーはアルプスの近くのプラーニュという町でスキー場の近くにイグルーでできたホテルがあって、そこに大晦日の夜にみんなでお祝いするんだ。

ドーヴィルという町の海ではお正月に寒中水泳をして、泳いだ後に温かい飲み物やお菓子が参加者に配られて、みんなで新年を祝うイベントもある。

フランスの新年のネガティブな風物詩として、車を燃やすというのがあるんだ。もちろん一部の悪意ある人がするんだけど、たいていはあまり治安のよくない地域で行われて、毎年700から1000台くらいの車が新年に燃やされていると発表がある。

このほかには、年明けの瞬間に「あけましておめでとう」とできるだけうるさく叫ぶというのもある。わざわざ窓を開けて叫んだり、外に出て叫んだりと年明けの瞬間から15分くらいはあちこちで誰かが叫んでいる声が聞こえてかなりの騒音になる。くみは、初めて体験したときって結構驚いたんじゃない?

興奮して車を燃やしてしまう?

くみ:車を燃やすのはフランスに住むようになって知って、本当びっくりした! 車が燃やされることって、たとえ1台でも日本ではありえないと思うんだけど、それがそれだけ多くの台数、しかもお祭り騒ぎで盛り上がって燃やすって……。

サッカーで盛り上がったフーリガンが暴れるのは日本でもある程度報道されて知られてると思うけど、恨みや怒りが理由で破壊するとか暴れるのではなく、たとえ理由がポジティブであっても単に興奮してそれだけの破壊や迷惑行為に及ぶのって、いまだに私には信じがたい。

エマニュエル:年末の恒例として、政治家や会社の社長などがお祝いのスピーチをすることがある。このスピーチでは今年の総評や来年の目標などが話され、長々と毎年同じようなことを繰り返し聞かされるので、あまり真剣になって聞いている人は少ないんじゃないかな。

くみ:いつも大統領が演説してテレビ中継されるよね。日本では首相の年頭所感は1月1日。やっぱり、年が明けてからだね。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。