消費者金融を悩ます「コード71」登録問題

ところがその矢先に問題が起きた。9月上旬、金融庁が認可条件の一つとして、「コード71」、つまり「過払利息返還請求の事実の有無」の登録削除を設ける方針を明らかにしたのだ。その余波で指定申請自体が遅延することが懸念されている。

登録削除を打ち出した金融庁の考え方は「過払利息返還請求は債務者には当然の権利であり、その行使は信用情報になじまない」というもの。背景には多重債務者救済に従事してきた弁護士からの要請もあるようだ。一方の業界側、つまり貸し手側は「与信審査するうえで、この情報は必要である」と主張する。だが、金融庁はこうした言い分を「(情報登録は)資金需要者等に対しても、客観的かつ合理的な説明ができることが必要」と突っぱねる。

信用情報機関の中では、JICCが従来から「コード71」を個人情報の一つとして扱い、運用を行ってきた。そのため、消費者金融業界では、アコム、プロミス、武富士、アイフル、三洋信販で構成する「大手5社会」が、9月16日に「過払利息返還請求情報の登録」を求める要望書を金融庁へ提出。消費者金融業界のみならず、信販・クレジットカード業界も当局の方針に対して態度を硬化。翌17日には追随する形で、信販・クレジットカード業界として同様の要望を行った。

また、JICCでは要望書にとどまらず、過払利息返還請求情報の登録に関する会員アンケートも実施。会員の大半が登録削除を困ると回答したとの調査結果と、したがって「コード71は必要である」とする報告書も金融庁へ提出している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT