「大人のいじめ」で会社を辞めた30代女性の告白

「苦しんでいる人」は今すぐ逃げたほうがいい

私も約20年前、会社員時代にいじめに近い被害を経験したことがある。同僚からいきなり「オレ、お前のこと嫌いなんだよ」と言われたり、上司との食事中、後から合流しにきた同僚から「なんで中川と一緒だって言ってくれないんですか! オレ、こんなヤツとメシ食いたくないですよ」と言われたことがある。

こうまで言われたため、私も公然とこの2人のことは嫌いだと別の同僚に明言していた。場合によってはこの2人が結託し、私を貶めようとしていた可能性があったのだが、その芽を事前に摘んでおいたわけである。

ところが、だ。この2人とは、会社を辞めた後は普通に付き合っている。もちろん一緒に食事をするなどはないものの、例えば元上司が定年退職をするために送別会が開催されるときに会ったら、「おぉ! 久しぶりだなぁ」と普通にあいさつを交わせるぐらいの関係には改善した。

いじめは「濃厚な人間関係」が生む

大人にしろ、子どもにしろ、いじめというものはある程度、人間関係が濃厚というか、同じ空間で長時間過ごすことで発生してしまうものだ。

それを回避するために、リモートワークが可能な会社に勤めたり、独立するのも1つの方法だろう。工場など労働集約的な職場では難しいかもしれないが、そうでない人は仕事選びの基準として、「希薄な人間関係が許される場所」を選ぶという考えがあってもいいと思う。

会社員時代、私を「嫌いだ」と言い放った2人に対して、同じ職場にいたときは憎悪の気持ちを多少は持っていたし、いじめのエスカレートにもビクビクしていたが、いったん会社から離れてしまえば、そんなことで憂鬱になることはなくなった。

「いじめ」をする側は、都合の悪い事実を忘れるものだ。でも、被害者にとっては一生忘れないトラウマになる可能性が高い。「苦しみにとらわれるぐらいなら、さっさと逃げてしまえ」と、ここでは「逃げる」ことの重要性を強調したい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。