「大人のいじめ」で会社を辞めた30代女性の告白

「苦しんでいる人」は今すぐ逃げたほうがいい

私も約20年前、会社員時代にいじめに近い被害を経験したことがある。同僚からいきなり「オレ、お前のこと嫌いなんだよ」と言われたり、上司との食事中、後から合流しにきた同僚から「なんで中川と一緒だって言ってくれないんですか! オレ、こんなヤツとメシ食いたくないですよ」と言われたことがある。

こうまで言われたため、私も公然とこの2人のことは嫌いだと別の同僚に明言していた。場合によってはこの2人が結託し、私を貶めようとしていた可能性があったのだが、その芽を事前に摘んでおいたわけである。

ところが、だ。この2人とは、会社を辞めた後は普通に付き合っている。もちろん一緒に食事をするなどはないものの、例えば元上司が定年退職をするために送別会が開催されるときに会ったら、「おぉ! 久しぶりだなぁ」と普通にあいさつを交わせるぐらいの関係には改善した。

いじめは「濃厚な人間関係」が生む

大人にしろ、子どもにしろ、いじめというものはある程度、人間関係が濃厚というか、同じ空間で長時間過ごすことで発生してしまうものだ。

それを回避するために、リモートワークが可能な会社に勤めたり、独立するのも1つの方法だろう。工場など労働集約的な職場では難しいかもしれないが、そうでない人は仕事選びの基準として、「希薄な人間関係が許される場所」を選ぶという考えがあってもいいと思う。

会社員時代、私を「嫌いだ」と言い放った2人に対して、同じ職場にいたときは憎悪の気持ちを多少は持っていたし、いじめのエスカレートにもビクビクしていたが、いったん会社から離れてしまえば、そんなことで憂鬱になることはなくなった。

「いじめ」をする側は、都合の悪い事実を忘れるものだ。でも、被害者にとっては一生忘れないトラウマになる可能性が高い。「苦しみにとらわれるぐらいなら、さっさと逃げてしまえ」と、ここでは「逃げる」ことの重要性を強調したい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT