「大人のいじめ」で会社を辞めた30代女性の告白

「苦しんでいる人」は今すぐ逃げたほうがいい

2017年12月から2018年7月まで、「エアコンプレッサー」を使った大人のいじめが、なぜか相次いで起きた。2017年12月には、埼玉県で2人の男性が同僚男性の肛門にコンプレッサーで空気を入れ死亡させた。2018年3月には、島根県で建設作業員の男性が同僚に直腸のケガを負わせた。さらに同年7月には、茨城県の会社員男性が同様の行為によって同僚男性を死亡させた。

3つ目の事件の加害者は「悪ふざけをしていた。死ぬとは思わなかった」と語っていたという。

神戸の小学校での事件、30代女性の体験に加え、この3つの事件を踏まえると以下の要件が重なったときに、「大人のいじめ」と判断してもいいかもしれない。

【1】複数の加害者が、個人をいじめている
【2】加害者側が幼稚で楽しんでいる
【3】被害者側がおとなしい

なお、悪意の有無については不明だ。コンプレッサー事件の加害者が語ったように「ただの悪ふざけ」のつもりだったかもしれない。

なくならない「いじめ」とどう戦う?

こうした大人のいじめを回避するにはどうしたらいいのか? 個人的には、「人間関係を極力浅くする」ことを推奨したい。

職場のランチや飲み会には極力参加せず、雑談にもいっさい参加しない。理由を聞かれたら、「私、プライベートと仕事は完全に分けているんです」と言い切ってしまう。また、つねにICレコーダーは衣服のどこかに忍ばせておき、「いじめ」が開始したらすぐに録音を開始する。それと同時に、人材エージェントにはつねに登録しておき、いつでも転職できる状態を作っておく。

こんなことを書くと「現実的じゃない」というご批判もあるだろう。だが、恐らく人間の本能として「いじめ」はなくならない。というのも、いじめは私が物心ついた頃から社会問題だったにもかかわらず、いまだに解消されていないからだ。むしろSNSの登場以降、過激になっているようにも見える。

次ページ筆者が経験した「大人のいじめ」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。