ナイトスクープに見る「ウケる地方番組」の本質

たかじんも予見していた「ローカル」の強み

だが、ローカル番組は少数の視聴者にしか見られないものだという認識は過去のものになりつつある。テレビ局による見逃し配信サービスの『TVer』やその他の動画配信サービスによって、ローカル番組が本来の放送地域以外でも見られるようになった。その結果、ローカル番組でも面白い番組はウェブ上で話題になってじわじわと広まっていく、という流れができている。

例えば、東京でくすぶっていた千鳥が復活したきっかけの1つは、埼玉ローカルの『いろはに千鳥』(テレビ埼玉)というロケ番組である。千鳥にとっては関東地区で初めての冠番組だった。この番組で千鳥のロケの面白さが再評価され、その評判が業界内でじわじわと広まっていった。それが彼らの全国区でのブレークにつながったのだ。

ローカル番組でも「1軍」になれる

かつて、テレビの世界では「全国ネット番組」と「ローカル番組」という区別しかなかった。今では、BS放送やCS放送があり、Amazon、Netflix、AbemaTV、YouTubeなど、映像コンテンツを楽しめるサービスは無数にある。その中でローカル番組も1つの映像コンテンツとして見直されている。「番組」というよりも「コンテンツ」として、さまざまな媒体で流通するようになった。

全国ネットのテレビ番組はマスに向けて発信しているため、どうしても企画内容が似たり寄ったりになりやすい。その点、ローカル番組には多様性がある。

『水曜どうでしょう』のような形の大ヒット番組が、企画の自由度の高い地方から生まれる可能性は十分にある。ローカル番組は全国ネット番組の「2軍」のような存在ではない。今の時代、「広く浅く」よりも「狭く深く」刺さるコンテンツのほうが根強い人気を獲得できることもある。予算不足、タレント不足を逆手に取ったローカル番組の逆襲はこれからも期待できるだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT