鈴木亮平が「大河主演俳優」の次に目指す場所

「どれだけ準備できたかが仕事の質を決める」

鈴木亮平さん 1983年3月29日生まれ。兵庫県出身。2007年、ドラマ『レガッタ〜君といた永遠〜』で俳優デビュー。2014年、NHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』でヒロインの夫を好演し、人気を集める。その後、15年、ドラマ『天皇の料理番』で体重を20kg減量、映画『俺物語!!』では体重を30kg増量して役に挑むなど、徹底した役づくりで演技派俳優としての評価を確立。2018年、大河ドラマ『西郷どん』で主人公・西郷隆盛役を熱演。今後の待機作に映画『燃えよ剣』(2020年公開)など(写真:Woman type)

「キャリアという意味では1回置いて、自分の中で第二章が始まったという気持ちでやっています」

1年4カ月弱に及ぶ撮影期間を経て、大河ドラマ『西郷どん』を終えた鈴木亮平さん。「大河主演俳優」という肩書きは、日本の俳優の中で特別な意味を持つ。その重みと威光を背負い、これからどんなキャリアを築いていこうとしているのか。そんな質問に、鈴木さんは軽やかにほほ笑んだ。

「あんまり大河主演という経験を引っ張ると、役を選びすぎるようになってしまう気がして。僕はまだ自分の芝居に満足していないし、もっといろんな経験を積みたい。だから、もったいぶった仕事のやり方はせず、面白いと思った役にはどんどん挑戦していきたいです。調子乗るなよって、いつも自分に言い聞かせています(笑)」

ステータスや成功体験に縛られず、またゼロリセットして歩き出す。言葉にするのはたやすいけれど、そう簡単にできることではない。

第二章を歩み始めた鈴木さんの最初の1歩と言えるのが、11月8日(金)から公開の映画『ひとよ』だ。

得意なことより、初めて挑戦することに興味がある

子どもたちを守るために夫を殺めた母と、加害者家族として社会から冷たい視線を浴びた子どもたち。映画『ひとよ』は、ある“一夜(ひとよ)”の出来事をきっかけに崩壊した家族の再生のドラマだ。

本記事はWoman type(運営:キャリアデザインセンター)からの提供記事です。元記事はこちら

本作で、鈴木さんは人とのコミュニケーションに苦手意識を持つ吃音の長男・大樹を演じている。背中を丸め、つねに人の視線を避けるように顔を伏せている大樹は、『西郷どん』などで見せた生命力あふれる人物像とは対照的だ。

「僕自身は、得意な役をやり続けるより、今までやったことのない役にチャレンジしてみたいタイプ。大樹のような気弱な役をいただく機会はこれまでなかったので、鈴木にこの役をやらせたいと思ってくださった白石和彌監督やプロデューサーの勇気あるキャスティングに感謝しています」

次ページ俳優としてのこだわりとは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。