花粉症の薬「保険適用外」提言の背景にあるもの

国民の痛みは避けられない?

毎年猛威を振るう花粉症。8月に健保連が、花粉症治療薬の一部を健康保険適用対象外とするべき、という提言を発表しました(写真:freeangle/PIXTA)
花粉症治療薬の一部を、健康保険の適用対象外に──。8月に健保連が出した提言に「負担が増える」と不満の声が上がっている。

「病気を持っている人に、ツケを回さないでよ、と思います。怒りしかないですね」

こう話すのは東京都内の会社員の女性(37)。幼い頃から花粉症で、鼻水と目のかゆみに苦しめられ、10歳から8年間、花粉のアレルゲンを体内に入れる「減感作療法」を受けた。症状は少し落ち着き、現在は毎年、かかりつけ医を受診して抗ヒスタミン薬「アレジオン」を処方してもらうだけで済んでいる。

「でも、症状が重くなっていないか確認するためにも、毎年春のかかりつけ医への受診は生命線です。市販薬を買えばいいという問題ではありません」

市販品で代替可能な花粉症薬を、保険適用外とする提言

8月23日、健康保険組合連合会(健保連)が衝撃の提言を発表した。高齢化で急増する医療費抑制のため、医療機関を受診して処方される花粉症薬のうち、同様の効果の市販薬(スイッチOTC医薬品)で代替できる薬は、公的医療保険の適用外とするべきというものだ。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

健保連によると、花粉症患者に処方される花粉症治療薬の薬剤費は、年間約2400億円。このうち、OTCが存在する薬を保険対象外にすれば、最大で約600億円もの薬剤費を削減できるという。

花粉症治療薬は飲み薬、点鼻薬、点眼薬など7つに分類される。健保連がまず目指すのは、軽症の場合を想定し、「1処方につきOTCが存在する1分類のみを投薬する場合」を保険適用外にするというもの。年間36億円が削減できるとする。そして次の段階では、OTCが存在する花粉症薬すべてを保険適用外(年間597億円の削減)、あるいは自己負担率を7割へ引き上げ(年間239億円の削減)も目指していく考えだ。

背景には、医療財政への強い危機感がある。健保連理事の幸野庄司さんはこう話す。

次ページなぜ、一部の花粉症治療薬を保険適用外とするのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT