死んだヤマもよみがえる神戸製鋼の省エネ製鉄法、資源活用の未来図を塗り替える!?


独自技術の川上導入で資源の勢力図を変える

どんな新技術も開発には長い時間を要する。天ぷら石炭も同様だった。

 始まりは、1970年代に研究が始まった石炭液化技術。石炭を溶かして石油の代替品に加工する前段階として、石炭の中の水分を除去する必要があった。「鉄冷え」と呼ばれる鉄鋼需要低迷などを受け、石炭液化自体は90年代に頓挫したが、水分除去技術だけは開発チームの「野良犬のような」(村越部長)執念によって天ぷら石炭へと結実した。

ITmk3も、元はといえば失敗からスタートした技術だ。鉄が溶けるのは1500度以上というのが冶金の常識だった。ところが、実験室で誤って鉄鉱石に石炭をまぶして熱したら1300度で溶けた。これがブレークスルーになった。

良質な原料を新日本製鉄など大手に押さえられる中で、神戸製鋼が開発を進めてきた低品位鉱の活用技術。その開発途上のミスオペレーションから新技術は生まれた。その点で「神戸製鋼のDNAが生んだ技術」(真部本部長)にほかならない。

そのITmk3と天ぷら石炭をここまで育て上げたのが、技術部門を最前線で引っ張ってきた佐藤社長である。だからかもしれない。佐藤社長の描く青写真は実に壮大だ。

「シベリアや中央アジアのように、鉄鉱石だけ採れてコークスがない、資本もないから製鉄所は無理だ、とされてきた地域がある。でも、少しホラを吹かせてもらうと、二つの技術をコンバインすれば、世界のどこでも製鉄ができる」

二つの新技術の相乗作用はさらに大きく広がる可能性がある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング