死んだヤマもよみがえる神戸製鋼の省エネ製鉄法、資源活用の未来図を塗り替える!?


独自技術の川上導入で資源の勢力図を変える

どんな新技術も開発には長い時間を要する。天ぷら石炭も同様だった。

 始まりは、1970年代に研究が始まった石炭液化技術。石炭を溶かして石油の代替品に加工する前段階として、石炭の中の水分を除去する必要があった。「鉄冷え」と呼ばれる鉄鋼需要低迷などを受け、石炭液化自体は90年代に頓挫したが、水分除去技術だけは開発チームの「野良犬のような」(村越部長)執念によって天ぷら石炭へと結実した。

ITmk3も、元はといえば失敗からスタートした技術だ。鉄が溶けるのは1500度以上というのが冶金の常識だった。ところが、実験室で誤って鉄鉱石に石炭をまぶして熱したら1300度で溶けた。これがブレークスルーになった。

良質な原料を新日本製鉄など大手に押さえられる中で、神戸製鋼が開発を進めてきた低品位鉱の活用技術。その開発途上のミスオペレーションから新技術は生まれた。その点で「神戸製鋼のDNAが生んだ技術」(真部本部長)にほかならない。

そのITmk3と天ぷら石炭をここまで育て上げたのが、技術部門を最前線で引っ張ってきた佐藤社長である。だからかもしれない。佐藤社長の描く青写真は実に壮大だ。

「シベリアや中央アジアのように、鉄鉱石だけ採れてコークスがない、資本もないから製鉄所は無理だ、とされてきた地域がある。でも、少しホラを吹かせてもらうと、二つの技術をコンバインすれば、世界のどこでも製鉄ができる」

二つの新技術の相乗作用はさらに大きく広がる可能性がある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT