死んだヤマもよみがえる神戸製鋼の省エネ製鉄法、資源活用の未来図を塗り替える!?


独自技術の川上導入で資源の勢力図を変える

どんな新技術も開発には長い時間を要する。天ぷら石炭も同様だった。

 始まりは、1970年代に研究が始まった石炭液化技術。石炭を溶かして石油の代替品に加工する前段階として、石炭の中の水分を除去する必要があった。「鉄冷え」と呼ばれる鉄鋼需要低迷などを受け、石炭液化自体は90年代に頓挫したが、水分除去技術だけは開発チームの「野良犬のような」(村越部長)執念によって天ぷら石炭へと結実した。

ITmk3も、元はといえば失敗からスタートした技術だ。鉄が溶けるのは1500度以上というのが冶金の常識だった。ところが、実験室で誤って鉄鉱石に石炭をまぶして熱したら1300度で溶けた。これがブレークスルーになった。

良質な原料を新日本製鉄など大手に押さえられる中で、神戸製鋼が開発を進めてきた低品位鉱の活用技術。その開発途上のミスオペレーションから新技術は生まれた。その点で「神戸製鋼のDNAが生んだ技術」(真部本部長)にほかならない。

そのITmk3と天ぷら石炭をここまで育て上げたのが、技術部門を最前線で引っ張ってきた佐藤社長である。だからかもしれない。佐藤社長の描く青写真は実に壮大だ。

「シベリアや中央アジアのように、鉄鉱石だけ採れてコークスがない、資本もないから製鉄所は無理だ、とされてきた地域がある。でも、少しホラを吹かせてもらうと、二つの技術をコンバインすれば、世界のどこでも製鉄ができる」

二つの新技術の相乗作用はさらに大きく広がる可能性がある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT