日産自が北米で1.68万台リコール

電気系統に不具合見つかる

2月24日、日産自動車は、火災の原因となり得る電気系統の不具合に対応するため、北米でピックアップトラック「フロンティア」1万6838台をリコールする。都内で10日撮影(2014年 ロイター/Toru Hanai)

[デトロイト 24日 ロイター] -日産自動車<7201.T>は、火災の原因となり得る電気系統の不具合に対応するため、北米でピックアップトラック「フロンティア」1万6838台をリコール(回収・無償修理)する。

米道路交通安全局(NHTSA)への届出で明らかになった。

届出によると、米ミシシッピ州の工場で生産した2012─14年モデルの中型トラックで、サーキットブレーカーの装着が不適切だった可能性があり、ショートや火災の原因となり得るほか、パワーシートやサンルーフが作動しなくなる恐れもある。

日産の広報担当者は、この不具合に関連した事故や怪我の報告は今のところないが、メキシコで12月にトラックのダッシュボード下から発煙したケースが1件報告されたと説明した。

リコール対象車は米国で1万3535台、残りはメキシコが1930台、カナダが1373台としている。

リコールは3月上旬から開始する見通しで、ディーラーで検査の結果、必要に応じ無料で修理する。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT