がんになった緩和ケア医が悟った余命の真実

食べられなくても生きられる時は生きられる

すると意識を変えたためか、少し気分が楽になり、少し体調も楽になった。さらになんと、食べられるようになってきた。まあ、食べられるようになったとは言っても、1人分は決して望めない。半分はおろか、4分の1人前ぐらいだ。でも、嬉しかった。

そして、退院して間もない頃、妻が消化液逆流に苦しむ私に、しきりに言っていたことを思い出した。

「下から喉に消化液が上がってくるんやったら、口から何か飲んで、上から下へ流し込んだったらええやん」

当時の私は、「そんなことできるわけないやろっ。できるんやったら、もうとっくにやっとるわっ」と、けんか腰で言い返したものだった。

食べられなくても、人は、生きられる時は生きられる

だが、食べられるようになってから、なぜかちょっと興味が湧いてきた。

『緩和ケア医が、がんになって』(双葉社)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

いろいろな飲み物でトライしてみたが、最適だったのは意外なドリンク、スポーツ飲料・アクエリアス。こみ上げてきた消化液を、口に含んだアクエリアスで押し流してみると、なくなったわけではないが、喉やけ、胸やけが和らいだ。それから消化液の逆流が起きたときには、1度でダメなら、可能な範囲で2度、3度と繰り返し、この飲み込み流しを実行した。

当然だが、この「飲み込み流し」作戦は、どんな医学書にも書いていない。そもそも、「食べられなくても、生きられる」事実を書いてくれている医学の教科書など、この世にはない。

でも実際、身をもって私は経験した。半年間、ろくろく食べられなくても、人は、生きられる時は生きられるのである。

医学書に載っていることがすべてではない。

ジストを患った医者として、今、まさに断言することができる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT