「理由なき不登校」に苦しむ子がN高で見た光明

「学校に行けない僕は失敗作」からの転換

とくに理由があるわけでもないのに不登校になる子もいる。学校に行けるようになったきっかけとは?(写真:不登校新聞)  
小学校6年生から学校への行きしぶりが始まり、中学校に入ってから不登校。現在は「N高等学校」(角川ドワンゴ学園)に通う高校生にお話をうかがった。「僕は失敗作」と思うほど孤立して苦しんだ末に得た希望は「N高等学校」の情報だったという。

子ども時代の僕は友だちと木登りや川遊びをしたり、ザリガニを捕まえたり、外遊び系のやんちゃでした。運動も得意なほうだったと思います。

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは、小学校6年生ごろです。自分でも理由はよくわからないけど、なぜだか朝起きられない。

当記事は不登校新聞の提供記事です

目が覚めるとすでに朝の8時ということもあって、最初のうちはそれでも「学校へ行かなくちゃ」と思っていました。

でも、しだいに「お昼から行けばいいか」「今日はもういいか」と僕のなかで思うようになりました。

もちろん母親からはすごく怒られましたが、そのうち母から朝起こされても反応できなくなっていき、午後になってやっと、頭がはっきりしてくる日も。

そのころは登校できても勉強はほとんど身に入らず、学校へ行くだけで精いっぱいという日々でした。

「中学校からは気持ちを切り替えていこう」。親にそう言われ、僕自身も中学からは毎日学校に行くつもりでいました。

次ページ中学1年生の5月か6月ごろから完全に不登校に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。