日経平均株価は反発、終値で年初来高値更新

売り材料見当たらず終値で2万3500円台回復

 11月12日、前東京株式市場で日経平均は反発した。小反発で始まった後、後場に大引けにかけて上げ幅を拡大。終値ベースで2万3500円台を回復し年初来高値を更新した。写真は昨年10月に東京証券取引所で撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 12日 ロイター] -

東京株式市場で日経平均は反発した。前日の米国株市場はさえない動きとなったものの、日経平均は目立った売り材料が見当たらず小反発で始まった。その後、次の材料を待ちながら2万3300円台半ばから後半を中心にもみあいが続いたが、後場、大引けにかけて上げ幅を拡大。終値ベースで2万3500円台を回復し年初来高値を更新した。

終値では2018年10月5日以来の高値となった。大引けにかけての上昇局面でも特段のニュースはなく、市場からは「皆が納得できる材料がない。あえて言えば香港のハンセン指数がしっかりした動きになってきたくらい」(国内証券)との声や、「前場はTOPIXがマイナスで引けている。日銀のETF買いが入っているのではないか」(ネット系証券)との観測が出ていた。

テクニカル分析ではオシレーター系指標が短期的な過熱感を示唆しているものの「今のように海外の中長期の投資家の買いが入ってきているような時は、短期的な過熱感も無視される」(ストラテジスト)との声もあった。

TOPIXは6日続伸。東証33業種では、建設、石油・石炭、証券が値上がり率上位に入った。半面、ゴム製品、非鉄金属、電気・ガスなどが値下がりした。

個別銘柄では、東芝プラントシステム<1983.T>が急伸し年初来高値を更新したほか、東証2部上場の西芝電機<6591.T>がストップ高比例配分となった。東芝<6502.T>が上場子会社の完全子会社化を検討していることも材料視された。

一方、三井金属鉱業<5706.T>は大幅続落。11日、2020年3月期の連結営業利益予想を従来の260億円から165億円(前年比9.4%減)に下方修正すると発表したことが嫌気された。

東証1部の騰落数は、値上がり1270銘柄に対し、値下がりが787銘柄、変わらずが96銘柄だった。

 

日経平均<.N225>

終値      23520.01 +188.17

寄り付き    23336.37

安値/高値   23312.25─23545.70

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1709.67 +5.64

寄り付き     1702.55

安値/高値    1698.93─1711.07

 

東証出来高(万株)125976

東証売買代金(億円) 22015.84

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT