Facebook「利用者24億人を超えた」スゴい仕組み

なぜ大学生専用SNSが世界一になれたのか

フェイスブックを使う理由は、実名性という最大の機能的特性ゆえの種々のメリットと社会的な価値にあるだろう。創業者のザッカーバーグも「大学の社交(ソーシャル)を全部ここに移すんだ」と述べている。匿名性ゆえの「荒れた」コミュニケーションにはなりにくい、大人な、穏やかな、そんな場になるということだ。

企業もそのほうがマーケティング上有益なので、社会的な注目度は高まり、ユーザー側のボリュームも大きくなっていった。

そして若者から流行は始まったものの、日本には大人のためのソーシャルネットワークがなく――おおむね、LinkedIn(いわゆるビジネス特化型のSNSで、職歴やキャリアをまとめ、仕事上のネットワークを広げたり、交流したりするためのサービス)のようなキャリアと結びついたものになるが、日本では転職やソーシャルネットワークの社会的文化が根付いていなかった――フェイスブックがそのポジションを代替的に占め、普及への足がかりとした。

Facebookが広く普及した理由

筆者は、実名で社会的なポジションを背景にしていることから、さまざまなサービスの中での承認プラグインとして使われていたことも普及の要因として大きいと考えている。

フェイスブックでアカウントを持っていれば、サービスごとに面倒なアカウント登録作業やログインをしなくても済むのだ。このような利便性は、日々ウェブサービスへの依存を深める私たちにとって重要なことだ。

そのほか、フェイスブックはZynga(ジンガ)社を通じて、「FarmVille」などのソフトを立て続けにリリースするなどの打ち手も実施した。いわゆるソーシャルゲームの導入だ。1人でゲームをしているより、つながっているみんなで遊ぶほうが楽しいでしょう、というわけである。

日本では、ミクシィのリリースした「サンシャイン牧場」、あるいはDeNAやGREEのリリースした一連のソーシャルゲームがその市場を制した感があり、使うユーザーの数、普及のスピードとタイミングがかみ合わなかったため、施策効果としては難しい面もあったが、狙いとしては正しい位置にあった。

次ページ今では「利用者24億人」に到達
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。

  • 新刊
  • ランキング