パッと見「イケてる会社」がどん底に陥る6兆候

若い起業家の「未熟な行い」は最高の危険信号

このような考えが高じると、さらに10億ドル(株主の金)で、J.クルーの広告に出た男が運営するブログのプラットフォーム(タンブラー)を購入してしまう。結局は収益のほとんどないポルノサイトに11億ドルを支払う羽目になった。

兆候6:皆が若いことを高く評価している

私は金融危機が起こる以前、32歳のときにダボスで開かれる世界経済フォーラムに招かれた。当時はインターネット世界の起業家は新たな世界の支配者だったのだ。

そこでは私からビジネスについての見識を学ぼうとするCEOたちと会った。私はユニークな見識を持っていたからだ。と言いたいところだが、そうではない。

私はそこそこの才能に恵まれたというだけの32歳で、時代が違えばそこそこの生活を送っていたはずの人間だ。しかしそこでは、私はグランドマスターのヨーダであり、自分より才能のある実業家たちに、彼らの企業はどうすればいいかレクチャーしていた。

ITバブルがはじけたとき、私は34歳で再びダボスに行った。そこなら私は逮捕される心配はなかった――誰も私に会おうとはしないから

若い起業家の大半は「未熟者」にすぎない

景気が悪いときは、白髪がリーダーシップの象徴とみなされる。景気がいいとき(浮ついているとき)は、若さがありがたがられる

エヴァン・シュピーゲル(スナップチャット創業者)やジャック・ドーシー(ツイッター創業者)は並はずれた才能に恵まれた若者たちだ。彼らが起こした会社の価値は何億ドル、ときに10億ドルの値をつけているが、何百億ドルにまで達することはないだろう。

スナップ、ウィワーク、ウーバー、ツイッター(すべて合わせるとボーイング社の時価総額を超える)を運営する若者たちは、才能にあふれている。しかし来世にはおそらく(楽観的に見ても)大企業の副社長にとどまり、それで心から満足するだろう。

20代でニューエコノミーの会社をいくつかつくった先人の1人として言えることは、若いCEOの最大の美点は、愚かすぎて自分が失敗すると考えられないことだ。若いCEOたちは常軌を逸した道を進み、それで常軌を逸した天才になることがたまにある。

しかし大半は未熟者であり、何百人、何千人もの社員の家族を養うだけの能力は持ち合わせない

ITブームが今後も続くなら、これから10年の間に、ティーンエイジャーが時価総額10億ドルのIT企業をつくってCEOになる可能性はゼロではない。そのようなことが本当に起きたとき、私たちは経済が全面的に破壊される窮地に立ったことになる

そのティーンエイジャーは黒いタートルネックを着ていたり、従業員をクソみたいに扱ったり、タトゥー、鼻輪など、若者が好む装身具をつけているかもしれない。社会はそいつをイエス・キリストのように扱うだろう

いま私たちは性格や思いやりといったものではなく、イノベーションと若さを崇拝している。

(翻訳:渡会圭子)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT