地方鉄道の「カリスマ社長」が新任地で挑む課題

鉄道運営の「仕組み」を変える必要がある

――自治体に鉄道に対する理解者がいるというのは心強いですね。鉄道会社が何かを企画しても、沿線の方たちの協力が得られないのであれば、結局のところ、何もできないのではないかと思います。

実は今、糸魚川駅の直江津寄りに再来年の開業を目指して、新駅をつくるというプロジェクトが進められています。地元の人たちは50年前からこの計画を暖めていたのだけれど、実現することができなかった。それはなぜか? 実はこの場所に交直流の接続区間があって、電車を止めることができなかったのです。

日本海ひすいラインの糸魚川―青海間を走るディーゼルカー。同線は電化されており架線があるが、旅客列車はディーゼルカーでの運転だ(写真:えちごトキめき鉄道)

けれども、えちごトキめき鉄道で運転しているのは気動車です。それであれば、駅を作ることができるじゃないかということで、計画が再び動き出し、運輸局の認可を得ることもできました。

まだこれから先、予算をどこから捻出するんだ?というような「大人の話」はありますけれど、それは置いておいて、鉄道の世界に新しい話題が生まれる。これってすばらしいことだと思いませんか。その新駅は、先ほど申し上げた翡翠が採れる海岸にあり、新しい観光の拠点になる可能性もあると思っています。

新たな動きを継続的な力に

前任地のいすみ鉄道で鳥塚氏が国鉄形気動車の運転を始めたとき、これに着目した人は決して多いとは言えなかった。それでもお披露目の日には1000人の行列ができ、連日多くの観光客が訪れるようになって、周囲の人の見る目も変わっていった。
もちろん、これまでにも鉄道を見直そうという趣旨のイベントは全国で行われてきた。昭和50年代に全国で流行した蒸気機関車の静態保存も、趣旨としてはこれと同様のものだったであろう。しかし、それらの多くは時が経つとともに人から忘れ去られた存在となってしまった。全国に朽ち果てた姿をさらしている静態保存の蒸気機関車が数多くあることは、多くの人が知っていることだろう。
大切なのは、新しく生まれた小さな動きを、より確かなものへと育て上げてゆく継続的な努力であるのかもしれない。
(後編に続く)
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。