JR九州とは違う、西鉄「レストラン列車」の勝算

秘密兵器は車内の「窯」で焼く出来たてピザ

ホームに停車中の西鉄の観光列車「ザ レールキッチン チクゴ」。一見すると列車とは思えない雰囲気だ(記者撮影)

今や全国の鉄道で見られるようになった観光列車。中でも豪華クルーズトレイン「ななつ星 in 九州」をはじめ、数多くの趣向を凝らした列車が走るのが九州だ。その「激戦区」に、3月23日から新たな観光列車が走り始めた。福岡県の大手私鉄、西日本鉄道(西鉄)の「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO(ザ レールキッチン チクゴ)」だ。

列車はその名のとおり、車内にキッチンを備えた「走るレストラン」。地域の食材を生かした料理を味わいながら、特急で約1時間の西鉄福岡(天神)―大牟田間74.8kmを約2時間半かけてゆったり走る。

観光列車といえば、地域外から観光客を呼び込むことを狙って走らせるのが一般的だ。西鉄の拠点である福岡を訪れる観光客数は年々増え続けており、とくに近年は外国人客が大幅に増加している。だが、この列車の主なターゲットは「地元客」だ。

キッチンには「ピザ窯」が

「ザ レールキッチン チクゴ」は、キッチンクロスをイメージしたという赤いチェック柄の3両編成で、客席数は52席。約5億円を投じて既存の通勤車両6050形を大改造し、中間車両は車内の大半をカウンターのあるオープンキッチンにした。

中間車両のキッチンにあるピザ窯。地元産野菜を使ったピザを焼き上げて提供する(記者撮影)

車内設備の目玉は、キッチンに鎮座する「ピザ窯」だ。列車内では火を使えないため、まきやガスではなく電気窯だが、本格的なピザを焼き上げることができる。西鉄は「おそらく窯を積んだ車両は世界初ではないか」という。この窯で焼いたピザが、車内で提供する食事のメインだ。

車両デザインやサービスなど全体をプロデュースしたのは、全国で飲食店などの企画運営などを手がける「トランジットジェネラルオフィス」。同社は、東北地方を走るJR東日本のレストラン列車「東北エモーション」や、車内で現代美術を鑑賞できる「現美新幹線」といった観光列車での実績もある。

次ページ豪華さではなく「温かい家のような雰囲気」
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT