米フェイスブックは高過ぎる買い物をした?

ワッツアップの買収金額は総額1.9兆円

2月19日、米フェイスブックは携帯端末を利用したメッセンジャーサービスで急成長しているWhatsApp(ワッツアップ)を総額190億ドル(約1.9兆円)で買収すると発表した。カリフォルニア州メンロパークの同社本社で昨年1月撮影(2014年 ロイター/Robert Galbraith)

[19日 ロイター] - 米ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)大手のフェイスブックは19日、携帯端末を利用したメッセンジャーサービスで急成長しているWhatsApp(ワッツアップ)を総額190億ドル(約1.9兆円)で買収すると発表した。

フェイスブックは、現金40億ドルと120億ドル相当の株式でワッツアップを買収する。買収額は、インスタグラム取得に投じた10億ドルを上回り過去最大の案件となる。買収に至らなかった場合のブレークアップフィーは10億ドル。

このほか、ワッツアップの創業者らに30億ドルの制限株式ユニット(RSU)を付与する。

買収後もワッツアップの名称を残し、サービスも継続する。同社の共同創業者で最高経営責任者(CEO)を務めるジャン・コウム氏はフェイスブックの取締役に就任する。

業界関係者は、買収発表を意外感を持って受け止めた。しかし買収によりテキストメッセージとSNSの組み合わせが可能となり、スマートフォン利用者は携帯通信事業者のサービスを利用することなくさまざまなメッセージや写真・動画をやりとりすることができる。また10代の若者に浸透しやすくなる。

フェイスブックのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は自らのページで、「既存のチャットやメッセージングサービスを補完する」と指摘。両社のメッセンジャーサービスのユーザーは異なっており、今後も双方のサービスでの投資を続けていく意向を示した。

ワッツアップはスマホでのメッセージアプリの有力企業で、北米、アジア、欧州で展開しているが、ゲームなども手掛けるライン(LINE)などとは違いテキストを中心にしている。

創業後5年で利用者は4億5000万人に増加、1日あたり100万人でユーザーが増えている。

ただ、買収額は大きすぎるとの見方もある。

ユーザー1人あたりの買収額は42ドルで、インスタグラムの33ドルや、楽天によるバイバー・メディア買収の3ドルを大きく上回る。

モーニングスターのアナリスト、リック・サマー氏は、利用が急増しているサービス取得は歓迎できるが、最近は伸びが鈍化していることに注意すべきと指摘。その上で「非常に割高な買収で、良い方向にせよ悪い方向に展開するにせよ、大きな賭けに違いない」と述べた。

関係筋によると、ベンチャーキャピタルのセコイア・キャピタルが2011年2月にワッツアップに出資しており、現在では買収額190億ドルのうち30億ドル分相当を保有している。 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT